息子と夏休みの宿題のヒント探しにと、図書館へ行きました。
朝10時過ぎですでに駐車場は一杯でした。
中は広さがあるのでさほど人が沢山いるとは感じませんでしたが、
避暑ということもあってか、やはり夏の図書館は人気があります。
宮崎県では例の事件で公共施設が利用できない期間があったと聞きますが、
再開したときは、きっと学生さんはじめ皆さん喜ばれたことと思います。

日進市図書館はこんな立派なものができましたが、
もっと分相応(小さな)もので良かったのではというお声も聞きますし、
こうした公共施設の「採算はあっているのか」と言われたりもします。
公共施設は民間の建物と違い利益を出すために作りませんので、
採算というと意味合いが違うのでしょうが、少なくともこれだけ利用されていれば、
良しというべきなのでしょうか?もちろん市外の方も利用されていると思うので、
いろいろご意見が分かれるところですが、私は「まあ、良し」と思います。

ところで、久しぶりにエントランス奥の「ゆったり工房」さんが運営する、
スローカフェに入りました。私はホットコーヒー、息子はオレンジジュース。
お昼少し前でしたので、他のお客さんはもう昼ご飯をとられていました。
夏メニューでしょうか、冷やしうどんなどもあり、知らない間にメニューが増えていて、
以前、かなり指摘されていたカレーのにおいはほとんど気になりませんでしたし、
一生懸命仕事される姿を見ても、ホントにご努力されているんだなあと感心します。
図書館へ行かれる皆さん、ぜひご利用くださいね。
2010.08.04 / Top↑
Secret