私の所属するT協会は不思議な団体で昨年の夏にはM党のマニフェストには業界に、
不利なことが書いてあるから絶対阻止と、ついこの間までJ党一本だったのに
今回は業界のこと何も知らない候補者であってもみな推薦、
しかも自分の業界からM党候補が出ると何をさておいてもしっかり応援せよという・・。
大して政治に興味のない、あるいはその世界と直接関係のない者であれば、
それはそれで構わないかもしれないが、真剣にJ党で取り組んでいる人間にしてみれば、
まったく冗談ではないだし、単純に会員の多くは「何故M党の候補を??」である。
公益法人を目指すといっているが会員はそっちのけで勝手な方向へ行きかけている!
地方行政や道理の分っている団体はとっくにこんなことは卒業しているのに・・。
悪しきJ党の流れを引きずるオザワさんが作った政権の圧力をここにも感じる。

今日はある出来事に閉口した。
国で言う「霞ヶ関」を見る思いがした参議院選終盤だった。

2010.07.08 / Top↑
Secret