日本人宇宙飛行士山崎さんが国際宇宙センターの任務を終え、
スペースシャトルで帰還する報道がありました。
ずっと気にしていたわけではないので細かいことは分りませんが、
1週間くらい滞在したのでしょうか、何だかこうした宇宙への旅も、
私たちのレベルで言うと最近の「海外旅行」のような感覚になった気がします。
そして今回でスペースシャトルはお役ご免となるとのことでしたが、
オバマ大統領の演説で次は火星へ有人宇宙船を送る計画が発表されました。
こちらは最近の海外旅行でなく船で世界一週よりも長い期間となるので大変なものです。
財政が厳しいからとスペースシャトルをお終いにするような話しだったはずですが、
次のステップに向けてさらに莫大なお金を掛けてでもチャレンジする米国の発想はすごい、
宇宙というまだまだよく知られていないところへの「壮大な夢」の追求は続きます。
日本はというと技術的にはかなりのところへ来ているようにも聞きますが、
これからどう考えていくべきでしょうか。
身近なことに置き換えて、無駄を省くつもりで将来の為に投資を控えてしまうのは、
大きな失敗に繋がる可能性があるとよくよく考えないといけないと思います。
2010.04.17 / Top↑
Secret