新年度初めてのあいさつ運動は気分的に少し緊張しましたが、
子どもたちの顔を見たらいつも通り元気に笑顔で挨拶できました。
成長期の子どもにとっての1年間というのはやはり大きいもので、
卒業した子達と体格がかなり違うようで集団が一回り小さく感じました。
逆にピカピカの一年生は、中には上級生の手を引いてもらっている子もしますが、
ほとんどが既に小学校への登校が慣れてしまったかのような落ち着きぶりで、
挨拶もしっかり返してくれる子が多かったと思います。
幼稚園や保育園の卒園式を見ても本当にしっかりしているので、
その教えが生きているといえるかもしれません。小さい頃の教育の大切さを痛感します。
来週も毎日あいさつ運動に参加するつもりですが、
子どもたちには新年度の緊張感もあって今の調子でしょうが、バテずに頑張って欲しいです。

あいさつ運動を終えて午前中は議会広報特別委員会。
前回と違い、印刷原稿の校正ですので比較的短時間で済みそうなものですが、
細かいところで間違いがあったり新しい原稿も含まれていたりしたので、
結局午前中一杯かかってしまいました。
市民の皆さんにきちんとした議会だよりをお読みいただきたいということで、
やればやるほど時間がかかってくるのは仕方のないところですが、
正直に言って、時間がかかりすぎ、負担が大きいです。
やはり各議員に原稿の提出期限などを守ってもらうのはもちろん、
細かいルールを再度しっかり理解してもらってもらうことが必要だと感じます。
新しいこと体験はとても有意義で、そう言う意味では委員のなったのは良かったですが、
何度も同じことの為に同じ作業し時間を使うのは、はっきり言って無駄なことです。
委員になってこの苦労を初めて知りましたが誰もが一日24時間しかなく、
それぞれ忙しいのですから、一部に極端に負担がかかりすぎるのは問題です。
もっと議員個々の責任に委ねるやり方に変えないといけないと思いますし、
また会派に属さない議員さんも作業に加わってもらう必要がありと感じます。
市民の皆さんに直接関係ないことを書いて失礼しましたが、
議会の中で見直しした方がいいことがたくさんあるとご理解ください。

さて、午後は区長会を傍聴させて頂きました。
これまで他の委員会、審議会については内容によって傍聴をしていましたが、
今回は区長会とはどんな感じか一度見てみようという感じの傍聴でした。
前段は年度初めと言うことで区長さんの仕事についての説明が中心で、
あらためて聞くと、なるほどそうだったかということもあり確認になりました。
報告の中で目玉として今年度復活の「花火」についての詳細案を聞けました。
傍聴が許可されていると言うことは発表してもいいのでしょうが、
ここは慎重にということで具体的な内容は書かずにおきます。
休憩が入ったところで別の用事の時間が近づいていたので失礼させてもらいましたが、
また何か話題がありそうなときに傍聴しようと思います。
区長の皆さん、今年度一年それぞれの区民の為にどうぞよろしくお願い致します。
2010.04.10 / Top↑
Secret