4.11の県民運動START新自民「愛知県民大会」のご案内をしましたが、
小泉進次郎衆議院議員が来ると書いたら普段よりアクセスが多かったようです。
一斉街頭活動の時もチラシを取らずに通り過ぎた方で、
「小泉進次郎」の名前を聞いて戻って来られた方もいるくらいでしたが、
誰もがご存知あの小泉元総理の息子さんで、ひょっとすると今、
自民党の中で一番人気がある人だと言えるかもしれません。
つい先日も亀井大臣とのやりとりが報道されたりして、私が言うのもなんですが、
まだまだお若いのにお父さん譲りか、ぶれずに芯がしっかりしていますし、
とても分りやすいので、いわゆる求心力を持てる人だと今後を期待したいです。
今度の県連大会だけでなく、日本全体の話しとして、
タイトルのようにその「人気にあやかりたい」と思うところですが、
人気というのは読んで字のごとしで、「人に気力を与える」ということで、
その気力というのは人の「不安や不満などのマイナスの気持ち」を、
「希望や夢を抱かせるプラスの気持ち」に変えることではないかと思います。
すなわち彼をみていると「ああ何だか気持ちが前向きになれる」というところで、
現在のような不況時や、閉塞感がただよう時は特に若くてバイタリティーを感じる人に、
期待が寄せられるのだと思いますので、私も少し体力も落ちてもはや若いとは言えませんが、
昨日は小学校、今日は中学校の入学式、多くの人たちも気持ちも新たにですから、
鍛え直して若い人に負けないよう頑張りたいです。・・・ホッとブレイクでした。
2010.04.07 / Top↑
Secret