昨日の出勤途中は自転車の高校生が、
やたらと目につきブログにも書きましたが、
今日は小学生・・・分散登校ということか、
少し遅い時間見守り隊の方々と一緒に歩いていて、
新一年生もようやく学校というところです。
慣れない子どもたちのこうした微笑ましい姿を見ると、
このまま早く本当の普通に戻れればと思います。

こうして再開された学校ですが、
今更といった感じで表面化したのが、
交通監視員さんが昨年度でたくさん辞めて、
その補充ができていないことでした。
今朝の見守り隊の方々のように地域のボランティアが、
子どもたちの安全の手助けをしていただけるのは、
大変有り難いですが「継続」という意味では、
地域によってそうしたことが出来ていないところもあり、
最低限の安全は公で担保しなければなりません。
指導員さんの雇用には当然お金がかかり、
これをどう確保するか、いろいろ考えねば・・です。

ちなみに愛知県独自の緊急事態宣言も、
解除となると発表されていますが、
自民党県議団のプロジェクトチームが、
愛知県内市町村の要望を取りまとめた、
「新型コロナウイルス感染症対策に関する要望」を、
団執行部から大村知事に手渡し要望しました。
100612896_2988249121270100_268437423095021568_n.jpg 101003716_2988249167936762_2606892789002141696_o.jpg
国への要望は自民党愛知県連の、
新型コロナウイルス感染症対策本部長の、
酒井参議院議員に送られ自民党部会長に届きます。
国での第2次補正予算が閣議決定見込みですが、
これにさらに追加で私たちの要望が盛り込まれ、
県内の市町村がそれぞれに思う対策が進むことを、
期待したいと思います。ちなみに東郷町については、
自民党東郷支部 近藤支部長はじめ、
町議の皆様の取りまとめた要望が上げらています。


2020.05.26 / Top↑