今週は明日から自民党県議団の調査会、
総務部、知事政策局、県民生活部から始まり、
来週にかけて各部局から政策の聞き取り、
および議員からの質疑、また要望となりますが、
今日はそのための準備ともいえる、
地域土木など要望とりまとめの事務作業・・・。
夜もいくつかの会合に顔を出して、
挨拶させていただき、また意見交換で、
ここまでの挨拶回りとは違った意味ある日でした。

さて、タイトルの「お金の使い道」ですが、
皆さんは家計簿をつけておられるでしょうか?
PC(パーソナルコンピュータ)が一般的になって、
さらにはスマートフォンで・・という方も多いでしょう。
といいながら、実は多くの方が三日坊主で、
本当にきちんとつけている方は少ないと思います。
会社というのは利益を出すのが目的で、
決算のために毎日の事務計算処理が必要ですので、
時々はチェックを入れるわけですが、
行政も予算に対して適正に執行されているか、
監査がありますし、またそれ以前の予算案には、
議員の審査があるわけですが、
目の前のあるいはすぐに結果が出る内容について、
議論が進むにしても中長期的な施策に関しては、
検証が難しいことも多いと思います。
新聞で「ひとり親家庭」の問題が載っていましたが、
シングルマザー(父も)の就職を促進するために、
支援を行うも疑問符が付いたとの記事でした。
私は社労士の受験のために勉強をしましたし、
サラリーマンを辞めてから職業訓練校も体験したので、
就労支援の訓練に限界をずっと感じていました。
ちょっとした施策でも国の予算というと、
地方自治体の年間予算に匹敵する規模ですので、
これがもう少し実情にあったのであれば・・と思うのは、
私だけではないと思います。

振り返って、各家庭のお金の使い方も、
たとえば通信費などは家族全員の携帯(スマホ)あわせたら、
全体のうちの結構な比率ではないでしょうか。
この膨れた通信費を考え直し実生活に必要なことに、
振り返ることを考える時期がきている気がします。
もちろん便利になったことに違いはないので、
何を優先するかはそれぞれの考え次第ですが、
アベノミクスで株価、円安が続き大手企業の業績はよくても、
一向に庶民の暮らしはよくならないとなれば、
自分たちもいろいろ対応策を考える必要がありますし、
また税金が本当にこんな具合に使われていいかと、
大いに興味を持って頂きたいと思います。

今日は、じっとすわっている時間が長かったので、
こんなことをつい書いてみたくなりましたが、
ぜひ皆さんと議論できることを期待したいです。




2014.08.04 / Top↑