近藤ひろひとです。

今週、日進市西中学校はテスト週間のため、
普通なら挨拶運動でいつもの郷東橋に立ち、
安全旗を持って横断の手助けをして、
生徒たちに「おはよう!」と言うのですが、
県議会が開会してるため失礼しています。
という今日「0」の日は香久山小学校のあいさつ運動、
あいさつ運動6.20
こちらは近いし早いので立たせてもらいました。
いつものように元気をもらって議会に・・。

今日の県議会は代表質問でした。
自民党、民主党、減税日本一愛知の三会派の代表が、
県政一般についてそれぞれの切り口で、
県(知事・教育長・警察本部長)の所見を問い質し、
特に質問が集中したのは災害廃棄物の受入についてでしたが、
3月の知事ガレキ受入表明から被災地の状況も変わり、
広域処理が必要とされる数量が見直され、
またその内容も可燃物よりも不燃物の処理が遅れていることから、
新規に設置をとしていた焼却炉については設置しないことが、
新聞報道もありましたが議会で知事の口から正式に話されました。
県施設候補地とした3カ所には仮置場か最終処分場の設置の、
可能性はあるものの広域処理の必要なガレキの量は、
はますます少なくなると想像でき、
今後も計画の見直しがはかられるべきと思われます。

ここにきて、今回の議案である県内自治体の既存焼却炉での、
試験焼却はいかなる意味を持つのか理解に苦しみますし、
ましてや我が党が言い続けている係る費用について、
国に持ってもらうべきものとの答弁ではあっても、
現実にその裏がとれていない以上安易にそうですかとは、
まいらない現実をこのあとも一般質問で議論されるでしょうし、
委員会でさらに突っ込んだ質疑となると思われます。

いずれにしても県がここまで迷走するのは、
震災後から政府の復興指針が明確に決まらず、
震災後ちょうど一年が過ぎた3月の時点でさえも、
被災地でのガレキ処理が進んでいなかった状況から、
大いに同情論がわき起こり、稼働開始が間近と言われる、
被災地での焼却炉設置の計画が正確に公表されず、
広域処理の依頼が各地に広がり、そして逆に放射能汚染という、
見えない恐怖、嫌悪感から受入拒否という事態となり、
被災地の皆さんを悲しい思いにさせてしまったと考えられる。
それもこれもだらしない政権のせいであると、
声を大にして申し上げたい、そんな気持ちで一杯です。

個人的に被災地や復興の協力している人や現場をみるにつけ、
本当に悔しい思いをしているのはそうした方々で、
県の意向も理解できますが、冷静に事実を確認して、
正しい判断で今回の議案には向かいたいと思います。
そして県民の安心、安全そして利益を守るべきと考えます。

真に人の命の尊さを感じ、大切だからこそ守っていきたい、
心の底からそう思います。


2012.06.20 / Top↑
近藤ひろひとです。

今日昼中は、どこもここも子どもたちの緊急下校などで、
大変だったことと思います。
私はちょうどその時間に事務所から市役所方面へ向かい、
やたら道路が混んでいて、とくに南小学校玄関へ通じる道が、
動かないくらいひどかったので暴風警報が出たのを知りました。
各校、引き取り訓練の成果のほどはどうだったでしょうか!?
こうした天候のことは甘く見ると大変ですから、
今晩の家のまわりも十分ご注意頂ければと思います。

じつは私は今日夕方から名古屋金山で開催の、
セミナーに参加する予定でしたが、
地下鉄だから大丈夫などと安易に出かけて、
帰れなくなるといけないと止めることにしました。
「デフレ、男女共同参画、少子化について」を、
経済評論家の勝間和代さんの講演予定でしたので、
少々残念ですが、また別で勉強をと思います。

今日は地域振興環境委員会の議事録を読み込んで、
過去にどんなことが取り上げられたか確認をしました。
まだまだどんなことを考え質問したらいいのか、
まとまりませんが明日からの本会議場での代表質問、
一般質問も聞いた上でじっくり・・と思います。

明日は各会派の代表で次の方々が立ちます。

6月20日 <代表質問 >

1番 杉浦孝成議員 (自民) 1.県政一般について

2番 長江正成議員 (民主) 1.県政一般について

3番 高桑敏直議員 (日本) 1.県政一般について

我が党の代表は議案の震災ガレキ試験焼却についても、
聞くことになっていますので中継などでご覧ください。


2012.06.19 / Top↑
近藤ひろひとです。

愛知県議会6月定例会が開会しました。
6月議会
今日は知事の議案提案の説明がありましたが、
県政を取り巻く最近の状況報告で、
東日本大震災で発生した災害廃棄物への対応、
産業振興、国連ESD最終年会合、国際戦略、
教育懇談会、本県の今夏の節電対策、
経済情勢と本県の財政運営について説明があり、
その後6月補正で8,573万円の減額、
補正予算以外の議案では案内標識の寸法、
環境評価条例の一部改正、また美術品購入(ゴーギャン絵画)、
人事案件が上程され、今後委員会審議を経て閉会日に、
採決となる予定です。
明後日からは代表質問、一般質問ですが、
いずれにしても今回の懸案事項は震災瓦礫処理をめぐる、
補正予算について注目を集めていると思います。
今年度から私が所属する委員会の議案だけに、
皆さんのご意見も踏まえながら慎重に審議したいと思います。



2012.06.18 / Top↑
近藤ひろひとです。

今朝は昨夜からの雨が残っていましたが、
梅雨の晴れ間か、暑いくらいの日になりました。
日曜日とあっていろいろ行事に参加しましたので、
例によって写真を載せて日記帳に書きます。

まずは日進市消防団水防工法訓練。
水防訓練-3
消防団、市の職員が集合整列したことを報告、
水防訓練-1
三つの土嚢工法の訓練をしました。
水防訓練-4
消防署のレスキュー隊のみなさんによる、
川の中州にいる人を救助する訓練。
水防訓練-2
今日は、他の来賓も防災服で参加でした。

訓練終了後、告別式への参列のあと、
香久山会館で開かれた香久山自主防災会会議に参加。
香久山自主防災会会議
皆さん、真剣にいろいろな意見を出してくださり、
地域の防災意識が高いのを感じます。

次は日進市民会館大ホールで開催の、
浅田のカフェレストBさん主催の「カラオケ祭り」へ。
カラオケ祭り
私も一言ご挨拶をさせていただき、あわせて一曲披露。
カラオケ祭り-2

カラオケ祭り-3
踊りの方々もこんな本格的にやっておられます。
さて、この方はいったい誰でしょう?!

市民会館をいったん離れてお隣のスポーツセンターへ、
身障会-1
身障会スポーツ大会を見せていただきました。
身障会-2
110名ほどの方が楽しい競技に汗を流しました。
私も参加させていただきましたが、
ご覧の競技は風船割りです。

第一アリーナでは、レクリエーション協会の、
バレーボール大会が開催されていました。
レクバレー大会-2
11チームが参加でご覧の優勝カップを争奪します。
レクバレー大会-1
皆さん、若々しくホントに楽しそうです。
やはり趣味があるというのはいいことです。

今日は、この他、通夜葬儀に行きそびれた方を訪ね、
焼香させていただきましたが、
その際、高齢者の医療、介護の問題について、
本当に困られたというお話をおききしました。
国の制度の話しとなるのですが、
人は間違いなく年をとり最後を向かえるわけですから、
早くこうした問題は解決するよう法改正が必要です。
同様のことを経験された皆さんと声があげられるように、
しっかりと活動を進めなければと思います。

最後に、家でようやく落ち着きましたら、
「パパさんソフト」の仲間が、
家庭菜園で採れた野菜のお裾分けをと来てくれ、
新しい車だったので聞いたら、
「自分の開発している福祉車両を試している」
福祉車両
とのことで、装備された電動車椅子を見せてくれました。
すでに市販しているそうで、こうした分野もこれから、
さらに進むことでしょう。

今日はこうしていろんな体験をできました。
2012.06.17 / Top↑
近藤ひろひとです。

ようやく本格的な梅雨の感じです。
今朝は早朝野球、香久山小PTA・香久山かすい合同の、
「パパさんソフト大会」の予定でしたがそれぞれ流れました。
パパさんソフトは私がP長のときに始めたもので、
今年で9回目を数えますが、毎年この梅雨の時期ですが、
初めての中止となりました。あとで書きますが、
お楽しみの懇親会はもちろんありました。
というわけで、午前はゆっくりと思ったのもつかの間、
10年ぶりのお客さんから電話があり、仕事をすることに・・。
誠意をもってあたるとまたお声がかかるものです。

午後は愛知県自由民主党第七支部大会でしたが、
会場の準備を係の皆さんと一緒にしてから、
日進市民会館小ホールで開催の盆踊り講習会へ。
盆踊り講習会6.16
昨年300人が来られたというこの講習会、
本番に備えて新曲などを先生から習うというものですが、
とにかく踊りの好きな方が集まられ楽しまれるので、
今日も会場前でしたがロビーには既にたくさんの人でした。
お手伝いの文化協会関係者にご挨拶して失礼しましたが、
きっと熱気あふれる素晴らしい会になったことでしょう。

さて、支部大会に戻りますと各地区から大勢の党員さん、
また藤川県連会長始め全て市町の首長、議長、
JA組合長、商工政治連盟会長など多く来賓も揃って、
総選挙も間近と感じもあり大いに盛り上がりました。
支部大会
私は地元開催ということで今年も司会進行をしましたが、
この勢いでしっかりと結束を固めて正しい政治に戻して、
いきたいものだと思います。

さて冒頭書きました、夜の懇親会ですが、
いつものメンバーが集っていていました。
お通夜へ向かったので、ゆっくり出来なくて残念でしたが、
この仲間が小学校を地域をこれからも盛り上げてくれると、
大いに期待が高まります。皆さん、ありがとうございます。
これからも楽しく地域活動しましょうね。



2012.06.16 / Top↑
近藤ひろひとです。

今週は東京出張もありましたが、
毎朝早起きして頑張った気がします。
今朝も昨日の予報では雨でしたので、
定例(?)のジョギングは無しと思っていましたが、
思いがけず曇りでしたのでランニングではなくて、
思わず鉄アレーを持ってのウオークへ。
30分ほど歩いていつもの野外アスレティックで筋トレ。

というわけで心地よい体の張りを感じながら、
今日もデスクワークでした。
このあいだの常任委員会は所管事項説明でしたが、
今度は懸案の議案はありますし一般質問もと思いますので、
いろんな資料をかじって考えを巡らせています。
午後は東郷町民会館ホールで開催の、
愛知郡防犯協会連合会定時総会へ来賓として出席。
防犯協会連合会総会6.15
今年は長久手の石井県議が祝辞でしたので、
私はじっくり皆さんのお話を聞かせていただきました。
会長である豊明市長の話にもありましたが、
刑法犯件数は減っている現状があり、
今日感謝状を授与された方々のように、
地域の防犯活動に努められている皆さんや、
愛知警察の皆さんの努力の賜と敬意と感謝を、
心から表させていただきたいと思います。
今日は大ニュースとなりましたが、
あのオウム真理教の最後の一人も捕まり、
世界一と言われる警察当局の努力が実ったわけで、
これからもそれぞれがさらに良い仕事ができるように、
私もしっかりと働きますのでよろしくお願い致します。

来週月曜日からはいよいよ県議会6月定例会。
今回私は議場での一般質問はありませんが、
他の議員の質問をしっかり聞いて、また委員会では、
注目の件の他にも当局の見解を質していくつもりです。
ご注目くださ~い。

2012.06.15 / Top↑
近藤ひろひとです。

今朝は昨日の東京出張で貯まった疲れを飛ばすために、
予定と違いましたが早朝ジョギング・・。
梅雨の晴れ間か良い天気の下で気持ちいい汗でした。

こうして始まった今日はデスクワーク、
災害廃棄物に関して調査をまとめていたわけですが、
昨年お伺いした被災地の方へ電話で現状をお聴きし、
そこでこれまで気づかなかった皆さんの心情を知る。
すなわちいわゆる被災地のガレキ広域処理を巡って、
受け入れ地の反対運動の声を聞く度に心が痛む、
つまり未曾有の大災害で絆が強まり、
日本が一つになった応援してもらっていると、
心底感じていたところ、「東北のものはもってくるな」
「東北は敵だ」という運動を見ると本当に悲しくて、
「もうほおっておいてくれ!」と思うと悲痛な声でした。
私自身はどうしても広域処理の必要性、
つまりどうして被災地で施設を作って進められないのか、
という思いから受け入れをいかがなものかと、
考えていましたが、この件に関しては、
当地も同様の考えを持っているようで、
例えば愛知県が調査費始めいろいろな費用をかけるなら、
こちらに作る施設の費用として提供(寄付!)して欲しい。
とにかくもう受け入れなど検討してもらわなくて結構!
とのこと、大変ショッキングな電話取材となりました。
放射能汚染という別の話が絡んでしまっているとはいえ、
もっと私たちは被災地の皆さんの思いをくみとり、
誠実で素早い対応をすべきだったと大いに反省です。

それにしても、東北で思い切ったガレキ処理施設を作る、
施策が何故打ち出せないのか!?
震災後の政府の無策ぶりは本当に日本をダメにする。
こうした声を福島での視察でもお聞きしている。
被災地の声のみならず一般的に明確になっていることで、
この国のために一日も早い解散総選挙を望みたい。

また今夜、東海大志塾で田原総一郎氏の講演でしたが、
まさに日本を大きく変える時がきていること実感する。
この間、鈴木じゅんじ先生のミニ集会に伺ったとき、
集まった皆さんに話させていただきましたが、
「この少子高齢化社会でこんなことをしていては・・」
という新聞論説を読みましたが、
少子化を仕方がないと思っていること自体おかしな論理で、
とにかく国を安定させるためには適切な人口、
年齢比率が必要なわけで「少子化」は根本問題です。
まずこれを時間はかかるが子どもを増やさないといけない。
もう一つ「雇用拡大」をしないことには若者はもちろん、
行政改革であふれる公務員の行き場がないわけで、
高齢者福祉も大切ですが本当の意味で将来を考えれば、
進めるべき施策はそうだと思います。

今日は被災地の方の辛い思いをお聞きして、
私も本当に心が痛んだ一日でしたが、
世界が認めた日本人に生まれたのだから、
その評価に沿うような行動をして参りたいと思います。
 

2012.06.14 / Top↑
近藤ひろひとです。

今日は東京都の災害廃棄物受け入れ状況について、
日帰りで視察に行きました。
写真を載せながら順次報告させて頂きます。
東京都はいわゆる震災ガレキ受け入れを、
リサイクルは民間業者に焼却廃棄物は都直営の清掃工場へ、
という二通りの方式によっているとのことで、
まず最初は大田区にある民間のリサイクル業者
(株)リサイクル・ピアを視察しました。
東京都ガレキ受け入れ視察-2

東京都ガレキ受け入れ視察-1
ここでは宮城県宮古市のガレキを受け入れており、
現地にスタッフも派遣してプラントの立ち上げ、
さらには前選別作業なども協力しているとのこと。
東京都ガレキ受け入れ視察-3
問題の放射能に関しては震災現地作業の各段階で、
何重にも測定数値確認してから運搬し、
ここ作業現場でも定期的な測定、公表されている。

次に東京都二十三区清掃一部事務組合の、
中央区晴海にある中央清掃工場を視察しました。
ちょうど搬入された災害廃棄物を見せて頂きましたが、
東京都ガレキ受け入れ視察-4

東京都ガレキ受け入れ視察-6
ここでは女川町の粉砕された木片を焼却処理へ。
東京都ガレキ受け入れ視察-7
他の一般ゴミと混焼(割合は1割弱が災害廃棄物)。
主灰、飛灰のそれぞれ空間線量、ベクレル測定もしている。

最後に東京都廃棄物埋立処分場を視察。
東京都ガレキ受け入れ視察-9
問題の放射能に関しては搬入前に測定され、
また焼却灰に関しては混焼のため区別することなく、
通常の廃棄物と同様の埋立がされており、
埋立地では引き続き定期的にエリア毎での線量測定もされ、
全てのデータがホームページなどで公開されている。
東京都ガレキ受け入れ視察-8

東京都ガレキ受け入れ視察-9
またこの埋立処分場の雨水は、
全て排水処理場で浄化して下水道に放流しており、
海と遮断された管理型最終処分場だということ。
ちなみに処分場近くの海水の放射線量は、港
湾関係部局が測定しているとお聴きしました。

今回の視察では愛知県が受け入れ表明していることから、
県民の理解を得るとしている説明に対して、
しっかりと議論が出来るようにと視察しましたが、
被災地の状況からガレキ処理を広域でしなければならない、
ということもこれまで以上に理解できましたし、
県民の安心安全のために愛知基準をと当局は言っているので、
さらに突っ込んだ質疑を今度の委員会ではしたいと思います。


2012.06.13 / Top↑
近藤ひろひとです。

久しぶりに更新が飛んでしまいました。
昨日は朝起き会へ参加してから、
このところ始めた早朝ジョギングをして、
早朝ジョグ
午後からの地域振興環境委員会に出席。
委員会所管事項説明6.13
今回の委員会は6月議会を前に新委員向けに、
所管事項説明が行われる委員会でしたが、
何と委員会室前にはテレビのカメラが・・。
委員会が始められる前にあたま撮り取材があり、
いかにこの委員会が注目されているかという事ですが、
地域振興部、環境部それぞれ所管説明がされたのみで、
質疑もほとんどなく終わりました。
傍聴に駆け付けた報道記者の皆さんには、
少々残念な思いだったかもしれませんが、
6月議会では侃々諤々の議論となると思います。

夜は 昼間の委員会での懇談会でしたが、
私の後援会幹事会とも重なってしまいましたので、
すぐに失礼させていただきました。
幹事会では9月5日に開催予定のバス旅行についてなど、
いろいろ議論いただきました。ありがとうございました。
というわけで早朝から夜までタイトな一日でしたので、
更新遅れて失礼致しました。


2012.06.12 / Top↑
近藤ひろひとです。

今朝は米野木駅にて鈴木じゅんじ前衆議院議員を先頭に、
後援会、自民党日進市支部の皆さんと街頭活動。
じゅんじ先生駅頭活動6.11
一人で約1時間マイクを握り真剣に訴えられる先生の姿に、
通りゆく方々も耳を傾けてくださったことと思います。
今日はその後も日進市をこまめに歩かれ、
午前と午後にミニ集会をもこなされました。
ミニ集会6.11
午後の会場へ私も駆けつけさせていただきましたが、
かたちにこだわらず、人が集まれば対話をする、
その姿に政治の原点を見た気がします。
私もしっかりと見習って頑張って参りたいと思います。

ちなみに今夜は地元の懇親会に参加。
バス停で待っているとたくさんの皆さんに会釈され、
あるいは何人かの方に「どこまでいくの、乗せてくわ!」と、
言って頂きお断りするも、結局お乗せいただいてしまい、
お断りした方も含めて本当にありがとうございました。
こうしたお気持ち、今後の活動で、
何とかお返しさせて頂こうと思います。
大変お世話になりました。感謝申し上げます。



2012.06.11 / Top↑