近藤ひろひとです。

9月最後の今日30日は「0」の日、
議会も閉会中と言うことであいさつ運動に立ちました。
運動会前でテンションがあがっているのか、
子ども達はとてもいいあいさつをくれました。
道行く人たちにもあいさつできましたし、
今日は車からもクラクション、会釈をしていただけて、
朝から何だかハッピーな気分でした。

このまま午前は仕事をこなしてから、午後県議事堂へ行き、
「自民党愛知県議団行革推進PT」会議に出席。
PTとは今流行の「プロジェクトチーム」11名のメンバーですが、
せっかくに入れて頂いたので、今日の総務部局の聞き取りでも、
しっかりと発言させていただきました。
削るばかりでなく前向きな行革になるように勉強研究をして、
県民の為になる提言をしたいと思います。
やることだらけで~す!


2011.09.30 / Top↑
近藤ひろひとです。

今日、県議会一般質問最終日、6名が質問に立ちました。
一二三会からは知多市選出の佐藤一志議員が、
傍聴席が満席になるほど支援者が駆け付けての堂々のデビュー、
地域の課題から県全体にかかる問題まで取り上げました。
リーマンショック後、震災、円高で愛知の元気も、
なかなか回復出来ないのが現状ですが、
新たな先端産業をという意味で企業誘致については、
難しいですが本当に重要な問題です。
国内、国外関係なく大企業の合併が進む中、
既存の企業が合併により工場撤退となるか分からない状況です。
産業労働部局にはこれまで以上にアンテナを高くして、
情報収集、対応して頂きたいと思います。

また江南市選出、奥村議員の森林保全の話しも、
日本全体で考えねばならない問題でとても良かったと思います。
私の地元日進市は既に長野県木祖村との連携で、
河川上流域の森作りに参加しており、
また身近に東部丘陵保全の問題を抱えていることからも、
市民の緑、自然の保全について意識が高いところですが、
是非とも多くの県民にこうした認識をもっていただき、
将来のためにどう自然と接していくのか議論できればと思います。

本議会の昼休憩中に「商工会議連総会」が開かれました。
商工会議連-1
県内の商工会の方々が大会議室にお越しになり、
商工会議連-2
代表して商工会連合会役員さんから陳情の説明をうけました。
日進市商工会長始め、長久手、東郷、みよしの会長さん方には、
終了後ご挨拶をさせて頂きましたが、
愛知県の産業は大手企業だけで持っているわけではなく、
商工会会員である中小企業が頑張っているお陰であることは、
当事者でもある私もよく理解出来るところで、
皆さんがしっかりと仕事になるよう私たちも全力で、
頑張らなければと気持ちも新たになりました。
2011.09.29 / Top↑
近藤ひろひとです。

今日も県議会は一般質問でした。
一二三会からあま市選出の石塚吾歩路県議が、
 1.花きの新興について
 2.「あいち自治体クラウド推進構想」について
 3.防災施策について の3項目を質問。
また先日B-1でお世話になった、
豊川市選出の藤原宏樹県議も登壇し、
 1.あいちグローバルプランについて
 2.医療行政について 当局の考えを聞きました。
二人とも若さあふれる元気な質問で、
なかなかテーマも聞き応えがあり、
石塚氏の防災施策に関して名古屋西部地区の避難場所として、
高速道路を活用出来ないかとの問いに高速道路を管理する、
「ネクスコ中日本に要望する」との答弁があり、
そのネクスコ中日本も夕方のテレビ報道では前向きな返答で、
地域の皆さんも少しホッとされていることでしょう。

6月議会に引き続き防災に関しての質問が多いですが、
3.11大震災のあと、県民の心配を考えれば当然のことで、
一般質問がすぐさま形になることはなかなか難しい中で、
このように一歩でも進んだのは良かったと言えます。
明日も6名の方々の質問となります。
また多岐に渡る議論が聞けますのでどうぞ傍聴、
あるいはネット中継をご覧ください。
2011.09.28 / Top↑
近藤ひろひとです。

今日の県議会は昨日の代表質問に続き一般質問、
7名がそれぞれの視点から県政について質問しました。
普段自分であまり考えないテーマがあると興味深く聞けますが、
一番バッター豊明選出の坂田県議の「知の拠点活用」、
「あいち小児保健医療総合センター」についての質問は、
まさに愛知県の為になるいい内容で、とても参考になりました。

今日はまた、議会休憩中には県土整備促進議連河川・砂防部会、
一般質問を終えた散会後には農政議連総会が開かれ、
部会においては、つい先日の台風の被害も含めて、
当局から河川改修、砂防状況報告を聞き取り、
農政議連総会では農業関係団体から要請書提出があり、
その絞り込まれた要望の説明を受けました。
一般質問もこうした陳情もとにかくどれも重要な課題で、
とどのつまり「予算」はどうなるということで、
国への要望活動を強め、またしっかりと議論を重ねて、
優先順位を示すことになるでしょう。
地元日進のことのみならず、県全体に対する責任を、
つくづく感じるこの頃です。

そうしたところで、夕方いいニュースが入ってきました。
タイトルの「国連ESD愛知県開催正式決定」です。
COP10に続く国際会議開催と言うことで、
愛知県ここにありと世界に再びアピールするチャンスです。
今後も勉強することばかりですが、
自分でできることをしっかり進めたいと思います。

アピールといえば、福島の方々、
そして日進市の皆さんに大変悲しいことでした、
福島産花火についてデータが出ました。
今夕の新聞に載ったということですが、
私のところへも実行委員会からデータが届きましたので、
報告させていただきます。
検査データ-1

検査データ-2
結論から言うと問題なし。
名古屋市内の調査専門業者による結果を、
愛知県産業技術研究所(愛知県刈谷市内)に相談、
解説を求めたところ「微量な放射線物質は認められるが、
花火を打ち上げた場合、人的影響や農作物、
河川への影響はない程度と考える」と実行委員会は判断。

いずれにしても、この件で多くに皆さんに、
心配をおかけし不愉快な思いをさせたことに対して、
私、近藤ひろひとも日進市選出の県会議員として、
本当に申し訳なく心からお詫びを申し上げます。
このうえは、一日も早い被災地の復旧復興と、
福島原発事故の収束を願ってやみません。
今回の一件を教訓として生かしながら、
それ以上に原発に変わる新エネルギーについて、
大いに研究、議論いたしましょう!!
2011.09.27 / Top↑
近藤ひろひとです。

早いもので9月最終週、今日から日進西中学校は、
テスト週間で「あいさつ運動」なのですが、
あいにく県議会本会議ですのでパスさせていただきます。
夏休み過ぎの子ども達は見違える成長ぶりといいますので、
楽しみにしていましたが、残念です。

というわけで、本日の県議会は代表質問。
自民党県議団 伊藤勝人幹事長がトップバッターで、
各党代表が県政全般について質問しました。
詳細はまた書かせていただきますが、
散会後、自民党水産議連総会が開かれ、
その場で漁協からの陳情を受けました。
軽油引取税免除が来年切れるということで、
軽油使用の船で操業する漁業関係者にとって、
これは死活問題であり断固継続出来るように、
団をあげて取り組むことを決めました。

夕方、自民党県連会長でもある、
参議院議員藤川政人先生の政経セミナーに参加。
藤川政経セミナー-5

藤川参議政経セミナー-2
前段は元総理の安倍晋三先生による、
「日本再生への道」と題した講演をお聴きしました。
さすが元首相の話は重みがあります。
地方議員の一人として心に芯を入れられた気がします。

後半の懇親会では多くの来賓の皆さんも来られ、
藤川参議政経セミナー-4

藤川参議政経セミナー-3
和やかにまた賑やかに行われました。
私も会場内を周り地元の皆さん始め、
いろんな方々と話とさせていただくことができました。
2011.09.26 / Top↑
近藤ひろひとです。

今日は早朝から豊川市で開催のB1グランプリに伺いました。
会場近くで豊川選出の藤原県議・木本秘書と待ち合わせ、
藤原県議&秘書
既にチケットを買い求めるお客さんが列を作りつつあり、
迎えるお店も準備で忙しいところ、
いなり寿司で豊川市をもりあげ隊の副隊長(観光協会事務局長)、
平賀菜由美さんにお話を聞き、
B1グランプリ事務局長
その後会場をあちらこちらとまわりました。
説明よりも写真をご覧いただければと思います。
B1-1
豊川市総合体育館横の手前が「いなり寿司」ブース。
B1-2
野球場会場の間の道路、けやき道路は車両通行止め。
B1-3
野球場もご覧のとおり味自慢のお店が出店。
B1-4
JR・名鉄豊川駅からシャトルバス10台でお客様を運びます。
B1-5
それぞれ楽しいキャラクターが出迎えてくれました。
B1-6

B1-7

B1-8

B1-9
イケメンの藤原県議と記念写真。案内ありがとうございました。
ちなみに日進市商工会の皆さんにも出会いました。
是非今度のB1グランプリに挑戦していただきたいものです。
豊川市長選出陣式
ちょうど萩野市長の応援に駆け付けてくださった、
小林県議が本部長を務める豊川市長選の出陣式でしたので、
応援に立ち寄り紹介もいただきました。
○○候補2期目の挑戦しっかり頑張ってください!!

午後、日進へ戻り、日進市市民会館昭ホールで開かれた、
「じょんがら倶楽部演奏会」に伺いました。
\じょんがら倶楽部-1
オープニングは全員の演奏、
\じょんがら倶楽部-2
日進の皆さんの演奏までお聴きして失礼をさせていただき、
秋まつり開催中のモリコロパークへ。
駐車場が一杯という情報でしたので久しぶりにリニモに乗車・・。
モリコロパーク秋祭り-1
芝生大広場ではたくさんのテナントが、
モリコロパーク秋祭り-2
その横はメインステージで盛り上がり、
モリコロパーク秋祭り-3
交流センター横のミニステージでは、
日進児童合唱団が歌声を披露してくれました。

駆け足で今日一日を振り返りましたが、
実はホントにたくさんの方とお話し出来て、
素晴らしい一日でした。
そして、あまりに気持ちのいい天気でしたので、
モリコロパークからリニモに乗らずに、
徒歩で杁ヶ池公園まで歩いてしまいました。
リニモだとあっという間ですが、歩くと結構ありますね。
いい汗もかけて気分爽快で明日の議会に挑めます。

2011.09.25 / Top↑
近藤ひろひとです。

三連休の真ん中の今日は、
タイトルの宅建主任者試験監督員説明会でした。
宅建主任者試験監督員説明会
ご存じ国家試験の中でも人気の高いこの資格試験、
毎年恒例で私も試験監督員ももう10回目となります。
今年の試験日は10月16日ですが、
国家試験だけに毎年監督員をやっていても、
必ず事前にこうした説明会への参加を求められ、
出席しないと役を務められないというものです。
名古屋栄へ出かけての3時間強の長い説明会で、
半日仕事でしたが今年は新たに地震対策が盛り込まれ、
危機管理を意識した、さすが国家試験という感じでした。

実は本来の説明会は22日にあったのですが、
私は台風の影響で中学校の体育大会が順延となり、
スケジュールを組み替えての今日の予備日参加でした。
本当なら日進市で開催の「日本舞踊瑞鳳流秋のおどり」へ、
お伺いするつもりでしたが、残念ながら行けずでしたので、
瑞鳳秋のおどり-1

瑞鳳秋のおどり-2
お忙しい準備中にお邪魔し東北への支援物資として、
家にあった小皿セットなどを届けさせて頂きました。
きっと見事な舞がみられ、盛会だったと思います。
2011.09.24 / Top↑
近藤裕人です。

一昨々日(22日)、施行してありましたのに紹介漏れしました。
以前より「危険な交差点」と指摘されていた箇所ですが、
石兼交差点ペイント
ご覧のように赤いペイントが施されました。
車も歩行者も自転車利用者も少しは注意をしてくれるでしょう。

石兼交差点ペイント-2
ただ、南から北へ進む(下から)と赤い路面が見えないので、
どちらかに「止まれ」にするなど標識が要る気がします。
当面事故が起こらないことを期待したいです。

まずは施工してくださった行政、同様に陳情をしてくださった、
地元岩崎区長さん、市議小野田さんにもお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

2011.09.24 / Top↑
近藤ひろひとです。

「台風一過」「暑さ寒さも彼岸まで」とはいいますが、
本当に秋めいてきた今日の秋分の日です。
三連休の初日、皆さんはどんなお休みをお過ごしでしょう。

私は朝一番、日進市スポーツセンターで開催の、
和合あかつき幼稚園の運動会にお伺いしました。
和合あかつき幼稚園運動会-1
可愛い園児達ですが、園長先生のお話をしっかり聞けます。
和合あかつき幼稚園運動会-2
スポーツセンター第一アリーナの客席も一杯になるほど、
大勢のご家族に皆さんが駆け付けた運動会で、
今夜はきっとビデオ大会になっているのでは・・。

午後は、日進東中学校吹奏楽部演奏会ということで、
市民会館へお伺いしましたが、開演が1時と思っていたら、
開場が1時ということで、次に予定していた、
「愛知用水50周年記念式典」に間に合わないので失礼しました。
というわけで、名古屋駅前「ウインク愛知」で開催の式典へ。
愛知用水50周年-3
式典会場の外には書道や写真など様々な展示が。
愛知用水50周年-4
会場ホールは来賓の方々始め、関係者でぎっしり。
愛知用水50周年-2
50周年記念マーク、書道、写真のコンテスト表彰もあり、
愛知用水50周年-1
国家プロジェクトとしての愛知用水、計画段階の様子から、
長野県のダム工事、ため池、用水路建設の様子をまとめた、
ビデオが映し出されましたが、
小学校の頃、社会の時間にみた映像を思い出します。

本当に気の遠くなる事業が完成したお陰で、
この愛知の農業も産業も発展したことをあらためて確認し、
用水のごく一部を見ると何のためかと思えるものも、
こうして社会全体で本当に役に立っていると理解出来ます。
私も愛知県人として事業を推進された先人に、
心から感謝と敬意を表したいと思います。

その時々の身近な困り事も何とかしなければなりませんが、
私たち政治家は将来を見据えて、今後このような大事業も、
しっかり検討し推し進める責務があると感じた式典でした。
2011.09.23 / Top↑
近藤ひろひとです。

20日の「0」の日が県議会開会でパスでしたが、
暴風警報で休校となった昨日から交通安全運動が始まっていて、
今朝は久々のあいさつ運動でした。
子ども達の元気な挨拶をもらうと気持ちのいい一日となります。

午前は市内二つの中学校の体育大会、まずは日進東中学校へ。
日進東中体育大会
典礼も生徒が行い規律正しいいい開会式を見せて頂きました。
その後、日進中学校へ。
日進中体育大会
高跳びや80m走のあとに二人三脚競争。
ゴール手前で転んでも片方がすぐさま立ち上がり、
グイグイ相棒を引っ張ってゴールする姿に感激でした。
この時期のスポーツ、芸術を通して中学生活を、
十分満喫しながら成長してほしいものです。

午後は、県議会海外視察団の事前調査で、
スマートグリッドについて豊田市へ視察に出かけました。
まずは豊田市役所で取り組みについて説明を受け、
豊田視察-1
庁舎駐車場に設置された太陽光発電から、
プラグインハイブリッドに充電する設備。
豊田視察-2
市役所からスマートハウス実証実験現場へ移動、
さっそくモデルハウス外を見せて頂きました。
豊田視察-3
スマートハウスで最も重要な蓄電池はフルで25kw、
一般家庭の半日分の電気量を貯められます。
ちなみにプラグインハイブリッド車も25kwの蓄電能力で、
将来、非常時にこの車の電池も家庭へ供給出来ます。
豊田視察-4
太陽光発電、エコキュート、深夜電力効率よく、
またプラグインハイブリッド車への充電を制御するのが、
HEMS(ヘムス)システム。
豊田視察-5
このモデルハウスと同様な世帯が現在12戸販売され、
豊田スマートホーム視察
スマートハウスの実証実験が始まります。
この先様々施策と組み合わせて近未来をどう考えるか、
私たちは新エネルギー確保、同時に低炭素社会の実現、
脱原発に向け大きく舵を切っていかなければなりません。
2011.09.22 / Top↑