今日は、以前台風の接近のため中止となった、
教育文化・福祉対策特別委員会が開催されました。

まずは久しぶり(?!)の登庁だったので、
控室の机には様々な書類が山となっていました。
ところが、気になっていた、
第2回海外視察団会議の資料が見あたらないので、
事務局へ依頼して届けてもらったところ、
当初の議長案から視察先、内容が少し変更になっていました。
確認するとこれがほぼ決定事項だと言うことでしたので、
これにむけて出発までに国内視察や研究を進めることになります。
詳細は今後折を見て書きたいと思います。

前置きが長くなりましたが、教育文化・福祉対策特別委員会。
「不登校などの生徒を支援する学校運営のあり方」
について横浜の私立中学校校長を参考人に話を聞きました。
不登校問題について、私は市議時代にご相談をいただき、
議会一般質問で取り上げたこともありましたが、
今回の話しは不登校生徒専門の私学の話しで、
横浜での実績あるその学校の話しをお聞きすると、
心のこもった指導をしていることは十分理解はでき、
もちろんとても評価できるものの、
片や義務教育が公立中心である愛知県では、
私学のそうした学校へ子どもを行かせることが、
果たしていいのか、やはり不登校にならないように、
その原因をしっかり突き止め、根本問題を見つめる事の方が、
大切ではないかと思うところです。
子ども達にとって「先生や仲間との関係」が一番大切であって、
とくに多感な時期だけに、周りがその子を「認める」ことで、
特に教師や親など大人が余裕をもった対応をしないといけない。
その専門私学で行っている指導のほんの少しでも、
一般の学校で重くならない早い時期に対応出来ればと思います。

専門家でもない私がこんなことを書くのはいかがかと、
お叱りを受けるかも知れませんが、
不登校になってしまった子をどうするかではなく、
不登校になりそうな子を何とかしなければならない、
そう思うだけです。
そうした意味では、今日の委員会は「??」でした。
2011.08.31 / Top↑
8月30日奥尻島視察2日目。
奥尻町議会議会事務局長さんの案内で視察開始。
まずは私たちが泊まったすぐ横、フェリー乗り場裏へ。
奥尻-5
島の中心部、奥尻地区では地震による崖の崩落で、
ホテル、レストランが土砂に飲み込まれ多くの犠牲が。
奥尻-6
島の東側は直接の津波でないにしても、
回り込んだ津波、本道からの反射折り返し津波など、
複雑な津波が何度も押し寄せ最高ご覧の11mに達した。
奥尻-7
この地区は頑強な防潮堤と津波対策の水門で対応。
ちなみに防潮堤1mで200万円かかったとのこと。
奥尻-8
避難所となる青苗小学校は1Fをピロティーとなっている。
奥尻-9

奥尻-9-2
在校中の子ども達はは裏山へ駆け上り避難。
奥尻-10
初松前地区港にはすぐに避難出来る回廊を設置。
奥尻-11
回廊から宅地をのぞむと高台への避難路が。
奥尻-12
この区画は地盤を3m嵩上げして宅地整備された。
奥尻-13
奥尻町議会議長も説明の同行くださった。
津波と火災で戦争の跡地のようになった青苗地区の一部は、
奥尻-14
危険区域として建設が不可となり奥尻津波記念館、
奥尻-15
慰霊碑「時空翔」が置かれる徳洋記念緑地公園に。
奥尻-16

地震による直接的な被害、
すなわち道路・ライフライン寸断、崖崩落。
また津波、そして火災という3つの要素からなる、
北海道南西沖地震災害ですが、
大変な苦労を乗り越えた皆さんのこの経験を、
私たちは東日本大震災復旧・復興に是非生かして、
また、さらには「防災」はもはや難しいと知り、
「減災」のための施策を地域、地区毎に、
しっかり考えて進めたいと思います。



2011.08.31 / Top↑
8月29日、セントレアの午前8時15分函館経由で、
奥尻島視察へと七区県議で出かけました。
初日はタクシーで西海岸を視察。
奥尻-0
上記は地震直前に供用開始予定で崩壊した、
防雪トンネルを運び防波堤に有効利用したもの。
奥尻-1
震災について地元タクシー運転手の説明を受けました。
奥尻-2
無縁島付近、23.3mという一番の高波が襲った場所。
奥尻-3
一説では30mを超えていたのではとも言われています。
奥尻-4
ご覧の丘を越える波だったとは・・・
奥尻-4-2
ご覧地域は島のお陰で被害が少なかった。
奥尻-4-3
島最北端の賽の河原も土産物屋から何から何まで、
全て流されたとのことでした。

奥尻島西海岸のいくつかの集落は被災でそのまま消滅。
集落がなくなるとは本当につらいことだったと思います。
地盤嵩上げ、防波堤で対応できたところは現在の状態という。
2011.08.30 / Top↑
昨日まで愛媛県松山市での議員野球大会でしたが、
今日から七区の有志県議で北海道奥尻島視察。

あの津波被害からどのように復興したか、
またその後の備えをどうしているかを視察してきます。
本当は奥尻島視察の他に函館でも視察が予定されましたが、
深谷副議長と私は特別委員会の県内視察があるので、
先に戻ってくることになります。
今回宿泊予定ホテルにネット環境がないようなので、
戻ってからの報告となります。では、行ってきます。
2011.08.29 / Top↑
今日、全国都道府県議会議員野球大会は、
あの「ぼっちゃんスタジアム」での試合でした。
野球大会ー2
愛知県チームは組み合わせで1回戦シード、
前の試合が長引いて、待たされ開始時間が少し遅れての、
2回戦の相手は佐賀県。
チーム1回戦を戦ってる相手に対して、
愛知県チームは立ち上がり少々の緊張気味、
エラーと相手の打った打球がことごとく野手の間に落ちる不運で、
いきなり大差をつけられてしまいました。

しかし、最後まであきらめない我がチームは、
岩村キャプテン(議長)の2塁打から反撃開始、
前の回に続き連打で得点、
野球大会ー3
私も1アウト2・3塁からチームの勢いに乗って、
レフト前にタイムリーヒットを打てました。
野球大会ー1
残念ながら惨敗でしたが、来年以降の雪辱を誓って、
これからしっかり練習をしたいと思います。
2011.08.27 / Top↑
今日から愛知県議会野球クラブの遠征。
「がんばろう日本 東日本大震災支援
 全国都道府県議会議員野球大会 in えひめ」で、
愛媛県松山市に来ています。

愛知県議会の野球クラブは党派関係なく希望者で構成され、
部費は毎月4千円、今回の遠征費は月5万円3か月天引き。
ユニフォームから道具まですべて自前です。
お付き合いで入部される議員さんもおみえですし、
また結構な出費ですが、野球好きの私としては、
楽しく久しぶりに体を動かせるので、
たまの息抜きとしてはとても嬉しいイベントです。

大会前日の昨夜は、開会式&前夜祭で、
全国議員野球大会前夜祭
参加21都道府県チーム関係者が勢ぞろい、
今年は大会タイトルにあるように被災地支援で、
各チームの参加費からとほかの寄付により、
被災地の中学校の愛媛県への修学旅行費をもつという、
粋な目録が関係県議会の代表へ送られました。
全国都道府県議会議員全員で被災地の復旧・復興を、
これからも継続的に支援したいものです。

明日はあの「ぼっちゃんスタジアム」で、
3時から試合ですが、今夜の作戦会議で、
「2番セカンド」を言われていますので、
今夜は飲みすぎず、おとなしく寝ることにします。

結果次第で、この大会の報告はこれまでとなるかも?!
とにかく怪我をしないように頑張ってみます。
2011.08.26 / Top↑
今月は前半が東北、先日は蒲郡と、
視察など出かけることが多く事務作業が滞り、
様々な資料、案内書類など山となっていましたが、
今日多少余裕があって、かなり片づけられました。

ちょうど、先日の政調会の資料を見直したりしたら、
同日もらった「今月の報酬明細」が鞄から出てきましたので、
選挙でも情報公開の重要性を訴えてきた私としては、
ちょうどいい機会ですから、そのものを掲載しようと思います。
細長いので一枚の写真で全部読めるように撮れませんが、
8月報酬
ご覧のように細かい控除明細が載っています。
8月報酬-1
今月から11%減となって額面は869,530円
8月報酬-2
見にくいと思いますが、
 法定控除(所得税)計299,800円
    諸費控除合計 205,000円 
振込金額(手取額)  364,730円
ちなみに諸費とは議員互助会、議員積立基金、地区会、同期会、
議員連盟(私は19議連に所属)議員野球クラブ、写真クラブ、
および自民党県議団費です。

ちなみに同期の田原市選出山本県議が、
報酬の内訳についてこんな資料を作りましたので、
掲載させていただきます。

公務員やサラリーマンと、できるだけ条件をそろえた場合の手取り額試算

支給月額 87万円(11%削減)
天引き 30万円
選挙対策費積立 10万円
交際費(祝電・弔電・香典・懇親会費等) 8万円
政務調査費自己負担分および自己経費 10万円
自民党関係費 1万円
後援会関係費 1万円
年金基金等(議員年金廃止) 6万円
国保税 6万円
市県民税 9万円
国民年金 2万円
残金(公務員やサラリーマンの手取り相当=生活費) 4万円

議員それぞれで事情が違いますが、
いずれにしても額面では多く見えても、
内容はこんなところです。

私はこうしたことを理解したうえで、
自分の意志で立候補し、今の立場にいますので、
報酬としてのズバリ額面通り、それ以上の仕事をするつもりです。
こうしたことを誤解のないようご理解いただければ、
そして、しっかり尻を叩いて頂ければありがたいと思います。

ちなみに、今週末は愛媛県で全国県議会の議員野球大会です。
もちろん自費ですが、愛知県の名前を背負って、
しっかり頑張ってこようと思います。
結果は、ネット環境次第で遠征先から報告します。

2011.08.25 / Top↑
今日は一日、用事に合わせて出たり入ったりでした。
こういう状況では片付け的な事務仕事がなかなか捗らず、
また視察などで留守が続くと思うと時間がない・・。

それにしても今日も盆が明けたというのに暑いです!
しかも時折雨が降ったり蒸し暑いと来るのでかないません。
天気予報によれば秋雨前線が停滞していて、
天気図
しばらく雨模様、明日あたりは「大雨の心配」もとのことなので、
出かけるときは傘を忘れずにといったところです。

ところで、国の政権では新しい代表選びで、
ゴタゴタしているようですが、
こうした権力争いはどこへいってもあるようで、
新体制になるとどうしてもいろいろもめます。
このゴタゴタと一緒にされるのは、
天気にしてみれば心外かも知れませんが、
時折激しい雨を降らす原因となっている、
秋雨前線はもうじきどこかに消えてしまうので、
1年のうちの一時のことと済まされますが、
人のやることの複雑というか難しさは、
本当に苦労を感じます。
何を書いているか、知る人ぞ知るです。
2011.08.24 / Top↑
蒲郡の視察から帰って少々疲れ気味ではありましたが、
以前出させていただいたFMラジオで、
「今度は日進市長も連れて来たい」と話したので、
今夜MID・FM「むつみのスーパーチューズデー」に、
お忙しい萩野市長にもご足労いただき、出演しました。
MID-FM
パーソナリティーむつみさんも言葉を挟めないほど、
萩野市長のトークが炸裂した1時間だったと思いますが、
9月18日の「日進夢祭り・夢花火」の宣伝も、
しっかりしていただきましたので良かったと思います。

次回出演があるかどうかはリスナーの皆さん次第・・??
2011.08.23 / Top↑
予定通りブログ更新ができず、ご無沙汰となりましたが、
昨日、今日と2日間に渡り自民党県議団一期生(一二三会)で、
蒲郡へ観光、みかん農業など産業新興と、
公営ギャンブルの競艇視察に行きました。

12人の新人一二三会では各議員がそれぞれ政治テーマを持ち、
定期的にこうした視察をすることにしていて、
またそれぞれの出身地の現地調査をすることで、
その実情を知ることで県政課題を共有しようと考えています。
今回、まずその第一弾として観光立市宣言をしている、
蒲郡市を飛田県議の手配により視察させていただきました。
初日は市役所で担当部局の説明を受け、
蒲郡視察-5
ラグーナ蒲郡、蒲郡競艇のナイター営業を視察。
ラグーナの特に夏場における集客は地元産業である、
温泉宿の活性化につながっているようで、
また蒲郡競艇では年間20億円の税収があるとのこと、
蒲郡視察-1
(写真は施設内で説明をうけるところ)
公営ギャンブルの効果を初めて見聞きして、
観光とあわせて大変な成果であることが理解出来ました。

また有名な「蒲郡みかん」の集荷施設視察では、
蒲郡視察-2

蒲郡視察-3
糖度・形・大きさ選別ができる最新の設備をみると、
皆さんの地元の特産物を何とかしたいという、
思いが結集していることが分かります。
蒲郡視察-4
上の写真はイノシシ捕獲のためのものだということで、
自民党県議団調査会でも話題に上がった、
鳥獣被害の実態を目の当たりにすることもでき、
とにかく農業のあり方を考えさせられました。
2011.08.23 / Top↑