近藤ひろひとです。

今日は、宅建協会の会議があって名古屋に出かけましたが、
その前に人の紹介で何人かの方とお会いして新しい分野のことが聞けました。
タイトルの加藤みなみ県議の決起大会ではメインの講演に先立ち、
加藤みなみ決起大会-2
愛知県知事選挙自民党推薦候補予定者 しげとく和彦氏も来賓の挨拶をされ、
聞いていたとおりの印象で、エネルギッシュに爽やかに愛知の未来を語られました。
逆に若さが心配という声も聞こえますが、何の何のおつりが来るくらい、
しっかりと頑張ってくださると思います。
ご本人とは、その後の2部懇親会ではしばらく話せましたので、
日進市のこともしっかりアピールでき、そうした意味でも良い機会でした。

さて、メインの講演ですが元首相 麻生太郎衆議院議員の「どうなる日本」と題した話、
加藤みなみ決起大会-1
政権交代後、混迷を続けるこの日本をどう見るか、どう考えたらよいか、
短時間ながら麻生元総理独特の言い回しで話していただき、
私も含めて来られた会場いっぱいの皆さんはずいぶん元気になった気がします。
頂いた元気を私もまた次の活動に活かせるよう頑張って参りましょうっと。
ホッとブレイクでした。
2010.11.26 / Top↑