今朝、南庁舎会議室で開かれた建設委員会を傍聴しました。
基本設計は繰越明許の議決を経て3ヶ月延長したので、
まだしばらくじっくり様々なことを検討できるというところで、
今日前回の委員会で出された意見を取り入れた新たな案も提示されましたが、
新設校全体模型
(写真は今日示された新設校周辺を含めた模型)
これまでの流れで小・中がそれぞれ分けられた状態であったものが、
せっかくの併設なので放送室、保健室、児童会・生徒会室、体育館などについては、
共有でないにしても隣りあわせで設置して交流ができるようにしては、
という意見がずいぶん聞かれました。
こうしてみると議論というのは時間を経ると振り子がもどってくるように、
いったんは大きく振れたのに小幅なところで落ち着くようになるものだと実感します。

一般の目で見ると施設ありきで学校経営が成り立つようにも思っていましたが、
委員である校長先生方のお話を聞く限り、現実にある状況でいかに考えるかという、
臨機応変に柔軟に対応するという現場中心の言動がとても力強く聞こえました。
様々な経験がおありの先生がポイントを押さえていろいろな指摘、
あるいはそこはやり方で対応できると意見して頂けるおかげで、
スムーズにすすむ委員会となり、これまで基本計画もまとまってきたと思います。
また、まだ可能性の段階ですので書かない方が良いのでしょうが、
今日初めて出されたとても良い提案もあり、他にまだまだ課題はありますが、
三人揃えば文殊の知恵ではないですが、前向きに考えればさらに良い計画になると思います。
交代される委員の方々には、とりあえず今日まで多くの議論、大変お疲れ様でした。
事務局も数人変わってしまいますし、私個人的にはせっかくなので、
団体代表や公募委員など新たな方々を入れられるのもいいですが、
このメンバーで最後まで検討されてもと思いましたが・・・独り言です。

2010.03.30 / Top↑
新政通信7号が発行されましたが、珍しく電話もメールもありませんでした。
月曜日は一般的に折り込みが少ないですが、かえって目にとまらなかったかも・・。
やはり通信を新聞折り込みするだけでは議会のことをなかなかご理解頂けないので、
もう少し余裕が出来たら、個人的に報告会かミニ集会でも考えようと思います。

さて、3月も残すところ明日、明後日の2日だけとなり、
いよいよ新年度のスタートということですが、
私も今日で管理物件退去部屋の仕上げが全て片づきましたので、
今月は議会に続いて大仕事が終わりほっと一息、4月を迎えられます。
今年は久しぶりに退去が多かったのでホントに大変でしたが、
入居時の不具合点検でお会いする新しい生活を始められる方々を見ると、
本当にフレッシュでやる気が感じられ、こちらまでワクワクした気分になります。
とは言っても、世の中やはり不景気のようで空き部屋が出てしまいそうですので、
大家さんに対しては手放しで万歳出来る状況ではありません。
でもまあ、全体が悪いから仕方がないではなく、何か一工夫をして、
自分やまた周りのその状況を少しでも、変えていけるようにあるいは前向きにと、
議員活動も仕事もとにかく地道に一つずつこなしていこうと思います。

中京大中京野球部も甲子園で勝利し8強入り、夏春の連覇を目指して頑張っています。
こうしたところの元気ももらいながら、夢と希望をもって新年度に向かいましょう!
相変わらず、何だか自分に言い聞かせているブログとなってしまいました。
2010.03.29 / Top↑
平成22年3月29日に発行(日進市内新聞折り込み)「新政通信第7号」をアップします。
「新政通信第7号-表」
「新政通信第7号-裏」

2010.03.29 / Top↑
年度変わりのこの時期は一年の区切りの季節です。
いろいろな団体の総会が開かれ、ご案内を頂きますので、
どうしても行かれないことや行事が重なって途中で失礼することもありますが、
今日は香久山会館で開かれた「香久山老人クラブ」さんの総会に伺いました。
現在会員は111名、そのうち25名の出席ということでしたが、
お顔を拝見してみると、日頃いろいろな活動しておられるのを知っているので、
「老人」などというと失礼なくらいお元気な方々ばかりで、
自分もこのように歳をとりたいものだと思ってしまいます。
そんな感想を持ちながら区長さんに続いて来賓として挨拶をさせて頂きましたが、
その中で話したとおり、いつまでもお元気で日々の生活をお過ごしいただき、
そして人生の大先輩としてまたいろいろご指導頂ければと思います。

ちなみに、この総会に参加しようと会館へ向かう途中、
あちらこちらの公園の花壇を「公園愛護会」の皆さんが手入れをされていました。
本当に香久山の皆さんはボランティア精神が旺盛で、
いろいろなことにしっかり取り組んで頂いており、ありがたいことだと思います。
そんな香久山ですが、今日の老人クラブ総会が16回目、
先日の区総会も20回目ということで、住宅地としてずいぶん年月が過ぎています。
住人の高齢化、また道路や施設の老朽化が今後問題となってきますので、
早めの対応を検討頂くよう行政に働きかけたいですし、
私自身も皆さんの話をよりたくさんお聞きし知恵を絞って、
新しい住宅地のあり方を提案をしたいと思います。

ところで、明日は我が会派の議会報告「新生通信」が折り込みされます。
また、ブログやホームページでもアップするつもりですが、
どうぞご覧いただき、またご意見ご要望を寄せて頂ければと思います。
2010.03.28 / Top↑
3月最後の土曜日、今日もいろいろな行事がありました。
朝はまず日進東小学校で今日、明日2日間にわたって開かれる、
「ともまなびセミナー」~まちを学校に・・おもしろ体験小屋へ伺いました。
4回目の「おもしろ体験小屋」、今回もボランティア講師により、56の講座が予定され、
大人から子どもまで誰でも参加できるとあって年々盛大になっています。
オープニングセレモニーでは日進東中学校の吹奏楽部の演奏や、
おもしろ体験小屋-1
(写真は山口百恵メドレーの最後の曲を歌うS先生・・息子がお世話になりました!)
ご覧のようなマジックショーなどもありました。
おもしろ体験小屋-2
4月から社会福祉法人となる「なかまの家」(ポレポレ)さんの毎年のご苦労に、
本当に頭が下がります。お疲れ様です。

続いて香久山「ピアゴ」内で開かれた「香久山自主防災会展示」にお伺いしました。
自主防災会展示
こちらも明日までの2日間防災グッズなどと展示して、
自主防災会の皆さんが来店されたお客さんに防災意識の必要性を訴えておられます。
明日は人気の地震体験車「なまず号」も予定があるそうですので、お出かけください。

午後は自民党日進市支部主催、日進市民会館小ホールで開かれました講演会。
講演会-2
来賓に萩野市長、福安議長、鈴木政二自民党愛知県連会長を、
講師として愛知県議会から若手の熊田県議、唯一の女性議員神戸県議、
そして自民党参議院愛知選挙区支部長の藤川政人県議にお越し頂き、
「自民党を愛知から立て直す」と題して講演頂きました。
支部講演会-1
(写真は政策通でありながら分りやすくお話しされた参議院選挙区支部長 藤川政人県議)
市内で様々な行事がある土曜日ということで、予定より少なめの参加者となったとはいえ、
「新生自民」のそれぞれの熱い思いを聞いて頂けたとおもいますし、
いくつかの質疑応答もできそれなりの成果のあった会だったと思います。
お出かけ頂いたご来賓、講師の皆様、またご参加くださった皆さんに御礼申し上げます。
また、支部役員さんにはいろいろお手伝い有り難うございました。
これからも一致団結、力を合わせてしっかり活動して参りましょう。
市内でそれぞれ行事を運営された多くの皆さんに感謝!お疲れ様でした!!
2010.03.27 / Top↑
今日は午後から議会広報特別委員会でした。
例によって各議員が議会だよりに向けて出した原稿のチェックを委員全員で行いました。
途中、タイトルの審議会の話しも出ましたが、夕方自宅にそれに関するファックスが届きました。
公式な報告ではありませんが、今日開催されました愛知県森林審議会で、
「当該保安林の指定解除については、審査基準を満たしていないので、賛成しがたい」
との答申が愛知県知事あてにされる旨の情報が得られました。
未確定の部分もあるがとしながらも、日進市が県に照会した結果の報告ですので、
多くの市民の声を受けて、これまで一貫して保全の意向を示していた市の働きかけが、
一応の成果を上げたと言えそうです。
まだまだ予断を許さない状況ですので、今後の動向も注視しなければなりません。

本市もこうした問題をいろいろ抱えていますが、
この景気動向をみていると国も県もやらなければならない多くの課題があると言えます。
何から手をつけたらいいのか、一気に解決する処方箋は見あたらないのでしょうが、
地道に一つずつ確実に対応していかなければならないと思います。
こうした状況下、明日は以前も書きました、
自民党日進市支部主催講演会「自民党を愛知から立て直す!」が午後2時から、
市民会館小ホール
で開催されますので、どんな考えで自民党は変わろうとしているのか、
講師として駆けつけてくれる愛知県連執行部の生の声をお聞き頂きたいと思います。
日進市支部講演会

2010.03.26 / Top↑
雨が降って寒い中、今日は市内保育園の卒園式でした。
私は案内を頂いた新ラ田保育園の卒園式へ参列しましたが、
出来上がって初めてお伺いしたので入り口も分らずウロウロしてしてしまいました。
式はちょうど一時間、園児達の元気な言葉や歌を聞き、親御さんの涙ぐまれる姿をみて、
元気と感動をもらった思いでした。いよいよ4月から小学一年生、
どんど成長して日進市を支える立派な人間になって頂きたいと思います。
ご卒園おめでとうございました。
夜は月一回恒例の勉強会でしたが、今日昼間は市外での仕事だったため遅れての参加。
ちょっと詳細は書きませんが、一番身近なところの話しだったので、
自分の中ではずいぶん問題点が整理できてこれからの考え方の為になりそうです。
夜9時までの2時間講義をくださった先生に感謝、また取りまとめ役さんに拍手です。
最近短めのブログが続きますが、今日もこんなところで・・・。
2010.03.25 / Top↑
今日、平成22年第1回日進市議会定例会が閉会しました。
本日の議会始まってすぐに緊急質問の動議が出され採決の結果議事日程に追加、
内容は16日の新聞に「岩藤区が開発業者が協力合意書を交わした」と掲載されたので、
このことについて市に見解・対応を問うとのことでしたが、
私たち新政クラブとしては、岩藤区は開発業者が持つ土地と隣接しているため、
その利害関係から地元としての独自の見解を示したものであり、
市や議会の対応とは別の問題であるということで、動議には賛同しませんでしたが、
パフォーマンスではなく、この大切な自然を残すことを、
市民の皆さんと一緒にしっかり考えたいとあらためて思うところです。

本日の採決で、初日に議決した3議案を含み市長提案の36議案が可決され、
21年度補正予算の他、平成22年度当初予算が承認され、
新事業も含めて市民生活に直結する行政内容が決まったわけです。
今回は補正予算、当初予算に、これまでになく反対討論が多く、
何かに憑かれたか(誰かしらにハッパをかけられたのか)と思われるほどでしたが、
まあ、これも市長の任期が残すところ1年となったからということもあるでしょう。
また予算編成は角度が違うとまったく別物でしょうから仕方もないとも言えますが、
これで予算が通らなかったら市民生活はどうなってしまうのかと思ってしまいます。

また、私たち議員も同じく、あと一年となりましたが、
熟慮を重ねて提出したという提案の答弁を嬉々としてやっておられた議員さんには、
ネット中継でたくさん出演できてよろしかったですねと拍手を送りたい。
芸能人は人前で話すのが大好きという人間ばかりだと言いますが、
ご本人「これからもせいぜい議員立法を・・」と宣言もされ、
舞台へ登場を楽まれるのも良いが、市民生活に直結した可決案を目指すもの限って頂きたい、
パフォーマンス、マスターベーションに終わらない提案を期待申し上げる。

よく勉強されましたという評論家もいらっしゃるなか、 
私はいくつかの質疑や討論を用意はしたものの、全てお蔵入りとした今議会でしたが、
今日のように黙っているのは性に合いませんので、
やはり慣れないことをせず、思ったことをほどほどに、
肩が凝らないようにっと・・・。
2010.03.24 / Top↑
今日、お昼時に香久山会館で開かれた「香久山女性の会」の総会に出席させて頂きました。
毎年ご招待いただいていましたが、今年は特に皆さんで議会の傍聴に来てくださったので、
是非ともお礼をと意気込んで参加させていただきました。
区長と2人来賓ということでしたが、挨拶の後はアットホームな雰囲気で、
今日は新年度の盆踊りでの採用を目指している香久山区オリジナル曲を聴いたり、
食事をしながら楽しくお話しを聞けました。
いつもながらお元気な皆さんとの時間はとても刺激になりますし、
先日のかすいのメンバーとは年代も違いますが、私にしてみればどちらも負けずに頑張ろう、
という気になるというものです。
今日はその他、銀行と管理物件のクリーニングとバタバタして、
夜の少年野球連盟会議をすっかり忘れてしまう失態!!
明日は議会の閉会日ですが、議会前に会派の会議の招集がありましたので、波乱の予感??
少し準備をしようと思いますので、短いですが今日はこれくらいで・・・。

2010.03.23 / Top↑
今日は昨日の黄砂と強風から一転、少し風は冷たかったですが、
車で出掛けるとポカポカする良い天気になりました。
春を感じるこの陽気のなか、少年野球に少し顔を出して、
午後から市民会館で開催された愛知箏友会30周年事業、
和楽器による「春の祭典」を聴かせていただきました。
チケットに「写真、ビデオはご遠慮ください」とあったので、
残念ながら会場内の様子を撮れませんでしたが、30周年の事業ということで、
特別出演の沢井比河流氏の演奏を聴けました。
出で立ちからして着物などでなく、ちょっと異質だとは思っていたところ、
経歴をみてもロックバンドをやったりして期待して聴いていますと、
これが何とも斬新で、ハープとフラメンコギターの混じったような不思議な音楽でした。
琴演奏について知りもしませんが、きっと古典曲演奏をマスターした上での、
こうしたパフォーマンスだと思いますし、私のような素人には普段耳にする、
琴や尺八、三味線の演奏とひと味違った演奏会で良かったと思います。
伝統を重んじ、そっくりのまま継承することはとても大事ですし、
一方でそれを発展進化させる枝分かれもその良さがあると思い知った感じでした。
箏友会30周年
演奏の写真でなく残念ですが、頂いたパンフとチケットの写真を載せておきます。
30年もの間、この会をリードして来られた水野静枝さんに拍手!!
これからも頑張って頂きたいと思います。
2010.03.22 / Top↑