今日は名古屋観光ホテルで開かれた自民党愛知県連の政経セミナーに参加。
議員になってから毎年参加していますが、こんなに人が多かった覚えがないくらい、
第1部の金美齢氏の講演会はかなりの方が立ち見となりまさに盛況でした。
政経セミナー-1
テレビでも活躍中の金氏の話しはご自身の体験にも基づきとても歯切れ良く、
今の日本の情勢を語ったもので、会場の皆さんの気持ちを揺さぶったと思います。
私も日本人であることをあらためて確認し自分の信念ある行動をと思いました。
第2部は会場を変え懇親会でしたが、こちらはもっと凄い人となりました。
政経セミナー-2
乾杯前に檀上には谷垣禎一自民党総裁、鈴木政二自民党愛知県連会長、
また神田真秋愛知県知事、中部経済連合会川口文夫会長上がられスピーチ。
政経セミナー-3
谷垣総裁の話を初めて直に聴きましたが、自民党再生の思いがこもった熱い話しで、
報道であるようなやさしい感じでなく力強さを感じました。
また参議院候補予定者の藤川政人氏も登壇、決意表明をされ、
妹尾淑郎愛知県医師会長が乾杯の発声をされ懇親会の始まりとなりました。
まだ先のことですが、愛知県連一丸となって勝利を目指す機運が盛り上がったと思います。

戻ってから、香久山小学校で開催された
香久山かすい「ふれあいファミリーコンサート~Mens La~公演」を聴きに行きました。
この間書きました「メンズ・ラー」の皆さんの演奏でしたが、
3年目になりますが、今年初めてピアノが入った本来のピアノ五重奏団を聴けました!
香久山かすいコンサート
ご覧の香久山かすいママさんのハンドベルと共演があったり、
また会場の方の話しやお客さんが指定したいくつかの音を使った即興演奏もあり、
ゆったり、激しく、あるいは楽しく2時間があっという間に過ぎました。
即興演奏は噂には聞いていましたが素晴らしかったです。
駆けつけた百数十名の親子の皆さんは満足されたことと思います。
楽しい会場作りをしてくれた香久山かすい学習部長のMさん、今回の企画担当Nさん始め、
お手伝いくださった多くの香久山かすいママさんに感謝です。有り難うございました。
2010.02.28 / Top↑
バンクーバー五輪も女子フィギュアスケート浅田真央選手の銀メダルで、
私も含めて一段落といった皆さんが多いことでしょうが、
今日のテレビを見たらスケートのパシュート(追い抜き競技)で、
女子が準決勝に残っていますので、もう一つメダルの期待が膨らみました。
みんなで応援したいものですね。

さて、今朝は香久山区議会を傍聴させていただき、
冒頭と最後に挨拶の時間を頂戴しましたので、3月議会で上程されている来年度予算について
かいつまんで中身をお話ししさせていただきました。
区議会の方も本年度の決算と来年度の事業計画、予算案が示され、
来月の総会に向けて区長さんも内定していますので、今日で年度の区議会は終わり。
役員、評議員(自治会会長さん)の皆さん、お疲れ様でした。
総会までもうしばらくよろしくお願い致します。
午後は、市民会館小ホールで開かれました第4回市民フォーラム、
アジアを知ろうシリーズⅡ「シンポジウム 東アジア共同体構想と日本の役割」に参加。
日進市国際交流協会が主催で開かれたこの会、
市民フォーラム-1
講師に名古屋学院大学客員教授 庵原孝文氏と
愛知県立大学外国語学部中国学科教授 樋泉克夫氏の話しを約2時間拝聴しました。
市民フォーラム-2
所用があって講演を聴き終えたところで、シンポジウム(質疑応答)は失礼してしまいましたが、
来賓で来られていた萩野市長も挨拶のみで帰ることもなく、
講演の最後まで聴いておられましたので、きっと興味がおありだったのでしょう。
私としてもアジアについて特に中国の事情に疎いので、とても有意義な講演で、
もっとこちらにも目を向けなければという思いで聴くことができました。
偏っていないこうしたフォーラムであればもっと聴きたいとおもうところで、
主催いただいた協会の皆様のご苦労に感謝申し上げます。
2010.02.27 / Top↑
今日は日本中がバンクーバーのリンクに集中したことでしょう。
私もちょうど遅めの昼食でテレビの前にいましたので、ライブで見ることができました。
日本選手の中でも注目は浅田真央選手。少しミスもあり、結果は残念でしたが、
相手が良い得点をあげたプレッシャーのかかる中で良い演技だったと思います。
今シーズンの浅田選手について、少女から大人にとイメージチェンジを狙ったのでしょうが、
明るく伸び伸びと滑るのが特徴だった浅田選手には今回の曲や振り付けは、
テレビで見る限り会場も今ひとつ盛り上がらず、少々無理があったのではと感じました。
などと、素人が口を出すところではないですね・・。
これまで銀が2個、銅が2個ということで、前回のトリノ五輪を上回っているそうです。
言われてみればトリノは荒川選手の金メダルだけでしたから、
今回、日本選手は頑張っていると言うことでしょう。
世界の、しかも五輪ですから入賞するだけでも凄いことです。
テレビで取材された皆さんが元気や勇気をもらったと言われますが、
本当にそうだと思います。
まだ大会はありますが、選手の皆さんに、「お疲れ様、ありがとう」と言いたいです。

と今日は五輪ネタで失礼しました。
2010.02.26 / Top↑
いよいよ平成22年度に向けてとても重要な予算案審議もある3月議会が始まりました。
高校野球と同じで、議会は何があるか分らないとも言われるようですが、
今日はまた通常の運びと違ったこともあり、詳細は書きませんがある意味いい経験でした。
演説のあった市長の施政方針から目玉施策をここで紹介をと思っていましたが、
夕方から市民会館で何とあの「外山雄三」さんの指揮する、
オーケストラの練習を聴くことができたので、今日はそちらを書いてしまいます。

愛知県立芸術大学管弦楽団を母体としたこのオーケストラは、
教員、卒業生、学生選抜で構成された「オーケストラ・アカデミカ」。
79歳になられる外山さんがパリ音楽院管弦楽団のような活動を目指しているとのこと。
たまたま定期演奏会のための練習を市民会館でやることとなり、
せっかく身近でこんな素晴らしい演奏をやっているので、
市内中学校の吹奏楽部の生徒さんに聴いてもらったらどうかということだったようで、
運良くそうしたことを耳にしたので約2時間議会の緊張がほぐれる思いで演奏を聴きました。
ブログ用に写真をと思いましたが、残念ながら携帯が電池切れで写せず・・。
もっともシャッター音が失礼ですし、何より音を楽しみに行ったわけですから、
写真では紹介のしようがないというものです。
定期演奏会のための練習だったようですが、本番も素晴らしい演奏になると思います。

ちなみにメンバーに「香久山かすい」が今年もお願いしている「メンズ・ラー」の方もいて、
こうした活動を知るとますます楽しみになるというものです。
「香久山かすい」主催のコンサートは明後日28日午後2時から、
香久山小学校体育館でありますのでお時間のある方はどうぞ聴きに来てください。
2010.02.25 / Top↑
今日も?朝から会派室で3月議会の議案をメインである22年度予算案も含めてチェック。
今日で一通り目を通せて、いろいろ疑問点を見つけることができたので、
何とか明日の開会を迎えることができるということで「間に合った・・」という感じです。
それにしても基本的なことは理解できているつもりでも、
議案によっては細部について、まだまだ分らないことも多くて、
特に気になることは既に部局でのヒアリングを済ませましたが、
私が所属する建設経済委員会以外の委員会もしっかり傍聴してチェックしなくては・・です。

さて、いよいよ始まる3月議会。明日の開会日は、

・諸般の報告として総務文教常任委員長より閉会中に開かれた総務文教委員会の報告、
 名古屋瀬戸道路特別委員長より同じく閉会中に開かれた委員会の報告、議長からの報告
・市長からの行政報告
・市長による施政方針演説
・議案第1号から議案第33号までについて(上程・説明)
・議案第34号及び議案第35号について
 (上程・説明・質疑・委員会付託・委員長報告・報告に対する質疑・討論・採決)
・議案第36号について
 (上程・説明・質疑・討論・採決)

という内容で、特に市長の施政方針演説はこの不況下22年度日進市を、
どのような方向で行政運営をするかを語る非常に重要な演説ですので、
多くの方々に傍聴にきて頂きたいと思います。
2010.02.24 / Top↑
3月議会を間近にして、何かとせわしない日々が続きます。
「せわしない」と書いて、ふと「この言葉何だか不思議!?方言?」と思い調べてみると、
まずは方言と言うことでもなさそうで、似たような言葉「せわしい」も調べると、
両方とも忙しいという同じ意味でしたが、この「ない」は否定でなく強調だそうです。
強調と言っても「超忙しい」といった本当に忙しいと言うことでもなく、
実際は別にして忙しそうに見えるという意味のようですから時間的に余裕がないのではなく、
気持ち的にゆとりがないということかと思います。
冷静に考えると確かにその通り、現実寝る暇もないほど忙しいくないのですが、
何かと落ち着かないというのが正解で、議会と本業が重なるとややパニックというところ。
気持ちも身の回りもきちんと整理して落ち着いて、「せわしくない」でいきたいと思います。
2010.02.23 / Top↑
昨日は、竹の山新設校建設委員会を傍聴しました。
年末にあった前回の委員会を聞き逃してしまいましたので、
公開ワークショップに参加していなかったら内容が理解できないところでしたが、
小中学校の先生方の作業部会の要望を受けての新たな案の提示や、
またその案に対する先生方の意見の説明についても何とか分るレベルで傍聴できました。

印象としてずいぶん形が見えてきたと思えますが、
学校内のレイアウトなどは、とにかく学校現場の先生方の意見と設計のすり合わせが必要で、
まずは部活動なども含めた基本となる学校経営ができること、
新たに学校に求められる機能、例えば要支援児童生徒施設、地域開放、放課後クラブなど、
きちんと整理して使い勝手を関係者で検討するようにしないといけないと感じましたし、
疑問を解決できるような議論は必要でしょうが、あまりあれもこれもと目配りせずに、
子どもたちのことを優先に、シンプルに考えを進めたほうがいいと個人的には思いました。
2010.02.23 / Top↑
天気の良い日が続いていましたが、今日は風もなく春の訪れを感じます。
先に書いてしまいますが、夕方天白川を走りましたら、
川遊び
本郷橋の下で子どもたちがご覧のように川遊びをしていました。まさに春が近い・・。

さて、今朝は「愛知自衛隊友の会」総会と講話に出席させて頂きました。
昨年は自衛隊の海上給油活動やアフガンでの後方支援活動についてお聴きしましたが、
今年は中国の現状・人民解放軍についての講話でした。
自衛隊友の会
普段あまり耳にしない内容も聞けてなるほどと思えることもありますが、
国家間の緊張はどこまでいってもありえるものですので、
多くの幅広い情報をしっかりとらえながら考えをまとめなければならず、
パワーバランスも必要ですが頭はクールにでしょうか・・。考えさせられます。

もうひとつ、今日は覗かせていただいただけですが、
香久山南東にある「北高上緑地」での第4回里山保全実践講座へ。
北向上緑地-2
講座とは関係ありませんが、市の施工によりベンチや物置が配置されたり、
北向上緑地-3
こんな東屋が設置されたり着々と緑地の公園整備は進んでいます。
一般市民に公開するという意味での公園化は理解できますがどこまでやったらよいものか、
利用者の想定、公園の規模や周りの環境も考えた議論が必要だと思います。
2010.02.21 / Top↑
今日は、11日に雨で延期になった少年野球卒業記念大会の3位決定戦、決勝戦。
選手によっては6年間の集大成とも言える小学校少年野球最後の大会ですが、
3位決定戦は2-0、決勝戦は1-0というとても緊迫した良い試合となりました。
結果、優勝は日進デポ、準優勝が日進ベストドリームズ、3位日進キッコローズ。
負けて悔し涙を流す選手もいてこれを糧に頑張ってくれることでしょう。将来が楽しみです。
この卒業記念大会と並行して、毎年恒例、福井県チームを迎えての交流大会もありました。
冬場、雪のために土の上での練習がままならない福井県のチームとは縁があって、
かれこれ10年くらい前からこうして練習試合をして交流を深めています。
こうした遠くのチームとの対戦は、試合後のグランド整備や整列の仕方など、
勝ち負けよりも礼儀やスポーツの厳しさを確認できる良い機会となる気がします。
見せかけの礼儀では意味がありませんし、やらされているようでは本物になりません。
子どもたちが混乱するのであまり現場にものを言うこともできませんが、
親御さんも指導者の皆さんも他と比べてどうか、感じるところがあればと思います。

というわけで、一日グランドに張り付いていたため、
毎年参加していた「みどりいっぱいプロジェクト~水辺の育樹・観察会」へは行けずじまい。
岩藤川にすぐに行けるところにいたのに残念でした。
来年も交流大会と重なる可能性が高いですが、また参加したいと思います。
2010.02.20 / Top↑
今日は小学校のあいさつ運動。
子どもたちと元気なあいさつを交わして一日が始まりましたが、
その後は市役所会派室で3月議会議案のメインの予算書とにらめっこでした。
少々疲れましたので、オリンピックの話しでも・・・。
ここまで日本はスピードスケートで銀と銅。
今日は男子フィギュアでは高橋選手が銅メダルでしたが、
「参加することに意義がある」と言われていた五輪もやはりメダルがないと・・です。
服装の乱れが問題になったり、よく分りませんが失格があったりと、
話題に事欠かない今回ですが、皆さんはどんな競技に注目されてますか?
私は前回のトリノからクローズアップされた「カーリング」。
一投ごとに優位劣勢が替わってドキドキするのと、じっくり見ていられることが良いです。
寝不足になるほど観戦してはいませんが、日本人の活躍を期待したいです。
2010.02.19 / Top↑