今日は久しぶりに行事のない日でしたので、少年野球の審判をと思いましたが、
人手が足りたようで不要となり、では観戦にと南小学校へ行きましたら、
「ドクターヘリが着陸するのでグランドを空けてください」と突然校内放送が入り、
ドクターヘリ準備
ご覧のように、消防車がやってきて水をまき始めました。
撒水
しばらく待ちましたが、結局救急現場近くに降りることができたので、
お騒がせしましたと消防車も行ってしまいました。
珍しいことですので不謹慎ですが見たかった気もしますが、
現場近くの方が救命率が高いのではと思いますので、良かったのかもしれません。
試合はそのハプニングの直後、緊張がとぎれてしまったか、
相手の4番にホームランを浴びてそのまま負けてしまいました。
負け試合を後にして香久山小学校へ第2回竹の山新設校説明会を聞きに行きました。

開始の15分前くらいに行きましたが、今日は少なめ?と思えるくらい席は空きがありました。
新設校説明会(香久山)-2
香久山での説明会ですので、もう少し特に岩崎台の顔見知りがおられると思いきや、
関係地域外の日進市全域(新ラ田、梅森台、赤池、三本木)、
また熱心に名古屋市から来られた方(日進の学校にお勤め)もお見えでした。
途中で当局からの発表では、90名程度の参加ということでしたが、
前回の説明会後にあった建設委員会、あるいは学区検討委員会の内容も入れた説明があり、
新設校説明会(香久山)-1.
休憩をはさんで、今回は挙手での質疑応答でした。
北小学校での質問については書面で回答が配られたので、
ある程度の問題となる内容は周知されていた感じでしたが、
それでも、いろいろなご意見、質問が出され、1時間があっという間でした。
特に「併設校が決まったのはいつで誰が決めた?」という質問が何度も出ましたが、
「建設費用について、単体の建設などいろいろなシミュレーションをして比較検討したか?」
「安心して任せられる学校であると説明して欲しい」という意見もあり、
教育にお金をかけるべきという考えもありますが、税金の投入ですから、
無限大に出すわけにもいかず、やはりコスト削減の効果は知りたいところですし、
また「併設だから心配」という保護者の不安もしっかり払拭した説明が欲しいところです。
今日はやはり一部の方のご意見、ご質問に終始してしまった気がしますが、
こうしたことは、今後公開ワークショップなどでも確認する機会もありますので、
皆さんでしっかり納得できるように参加して頂きたい思います。

これまでのところで、「併設」についてが一番のポイントという気がしましたが、
私としては文教民生委員会や会派の視察で併設、あるいは一貫校を見ていますし、
いきなりの大きな学校とはいえ香久山小学校や日進西中学校を見ていることと、
以前の学区検討委員会議論、全員協議会などでも併設の話しを何度も聞いていましたので、
今日話しがあったように、これから運営面、あるいは施設の細部について、
先生方がいくつかの階層で議論をされ、それを受けた建設委員会で検討、
さらに公開WSでの意見収集、集約ができれば、まず良いものが出来上がると思うのですが、
人間考えがいろいろですので、人によっては心配がつきないかもしれません。
行政とすれば根気が要る大変な作業だと思いますが、
少なくとも当事者に当たられる皆さんが納得できるまで、しっかりと対応して頂きたいものです。
2009.10.31 / Top↑
今朝は、久しぶりの「あいさつ運動」!
「んっ!どうして久しぶり?」と思ったら、
この間、20日の運動を所用のため飛ばしていたからでしたが、
相変わらず新型インフルエンザ対策ということか、
半数近くがマスクをしての登校ながら、子どもたちは元気にとびきりのあいさつをくれました。
こうして気持ちよく始まる日は絶好調になるもので、
細かくは書きませんが、いろいろなところで多くの方とお話しができ、
最終的には夜まで本当に充実した一日となりました。

充実と言えば、鈴木じゅんじさんも今月はブログを頻繁に更新されていて、
地域に入り込んでしっかり活動していらっしゃることがよく分かります。
「できることからコツコツと・・・」というお気持ちだと思いますが、
こうした地道な活動が絶対に実を結ぶと信じて、私も負けずに頑張っていきたいと思います。

ところで明日31日(土)は、夕方4時15分から香久山小学校体育館で、
竹の山新設小・中学校建設についての説明会がありますので、
これまでの経緯やこれからの事について不安や疑問をお持ちの方や、
北小学校での質問の答えをお聞きになりたい方は是非ともご参加いただきたいと思います。
また、その後の予定としては、市の広報などでも発表されていますが、
11月14日(土)には、午後2時から同じく香久山小学校体育館で、
「新設校公開ワークショップ」があります。
聞いたところによると内容的には、2名の有識者による講義のあと、
参加者が思ったことや意見を付箋に書き込み、
出された内容を(ボードに貼って?)集約し、それ対して講師が応えるという形式のようです。
というわけで、こちらへも多くの方々が参加され、なるべく様々な角度から切り込んでいただき、
良い学校作りの意見集約ができることを期待したいです。
2009.10.30 / Top↑
今朝一番、車を一年点検に出しました。
つい先日バッテリーを交換したところで、本当ならついでに頼めば良かったところ、
タイミングが合わなかったと言うことで今日になったわけですが、
もう8年乗っているので通常の点検のみならず、部品交換などいろいろ勧められました。
来年の車検では必須の内容のようですが、今回は見合わせることに・・・。
思い出してみると以前は、このような一年点検などしていなかったですが、
やはりガタがくるのを感じますので、転ばぬ先の杖ということです。
車もさることながら、自分自身の体にも気をつけなければというところですが、
今日は25度を越える夏日というものの、気持ちのいい季節で体調も良い感じでした。
年に一度の人間ドックは年明けですので、それまでこんな調子でいければと思います。

ところで、今日、三好町商工会長の鳥居さんにお会いしました。
長男がお世話になった「三好東郷ボーイズ」(中学硬式野球チーム)の代表として、
とてもお世話になった方ですが、来年春に「三好町」は「みよし市」になることにより、
「西加茂郡」がなくなってしまうということで、思い出として西加茂郡の建物を、
写真で残す実行委員長として協賛に歩いておられるとのこと、
私の実家刈谷市井ヶ谷町は三好町に隣接しており、それこそ親近感がありますので、
協力できることはさせて頂くとお話ししました。
西加茂郡の建物というと私たちがお世話になっている水道、消防などの施設も該当します。
と言うわけで、日進市も決して縁がないわけではありませんので、
協賛金3,000円(本に名前記載、1冊贈呈)のご協力頂ける方は、
三好町商工会、あるいは私でも結構ですので、ご連絡いただけると幸いです。
関係者にとって、生まれ育った地名がなくなるのは寂しい限りだと思いますが、
立派な記念誌ができるといいと思います。
2009.10.29 / Top↑
今日は、日進市戦没者追悼式が日進市民会館小ホールで執り行なわれました。
戦没者追悼式
戦後64年間、毎年のように開催される追悼式ですが、
昨年まで大ホールでの開かれたことを思うと、年々何となく寂しくなっていく感じです。
ご遺族の高齢化があるのはもちろん理解できますが、戦争の痛みが風化していくことを、
私などが言うこと自体どうかと思いますが、率直な気持ち、心配になります。
かく言う私も子どもの頃に戦争のことを親やお祖父さん世代に聞き、
絶対に戦争はいけないと心に決めていますが、
実は一昨日、舞鶴市の視察に関連して引き上げ記念館を訪れたとき、
そうした引き上げの話しを聞いたことがないこともあり、
実感が湧かないのを思うと、本当に日本の平和をいかに子どもや孫の世代に引き継ぐか、
現代社会の様々な問題がある中で、今一度取り上げなければならないと思います。

式典自体を止めてしまう自治体も増えているやに聞きますが、
遺族の皆さんと同じくらいの来賓を招くよりも、若い世代に、
こうした厳かな式に参加してもらい、「語りべ」に頼るのではなく、
日進市だけでも318名のの尊い命が戦争により失われたという事実を、
特に多感な小学生くらいに感じてもらい、戦争の悲惨さを理解して欲しいと思います。

大きなテーマはさておき、午後は近隣市町との情報交換という活動をしましたが、
個人的に、ここ最近の悩みが一気に解決する、まさに「目からウロコ」的な話しが聞けて、
こんな日は滅多にないくらいの本当に収穫のある一日でした。
2009.10.28 / Top↑
今週、昨日まで2日間(26~27日)、
日進市議会建設経済常任委員会の行政視察に行ってきました。
視察地は、初日が京都府舞鶴市で、農業公園「舞鶴ふるるファーム」。
委員会視察-1
公園内の体験工房で市の担当者と施設運営の指定管理者法人の社長さんから説明を受け、
委員会視察-2
レストランの他、年間契約の滞在型農園など、公園内を見せていただきました。
2日目は滋賀県湖南市、道路整備計画~きらめき湖南の道づくり~についてで、
湖南市市役所庁舎内で担当課から、じっくり説明して頂きました。
委員会視察-3
市民サービスの根本とも言える道路整備計画をどういった順序で進めるかを、
市民参加の委員会で点数評価により短期、中期、長期にわけて決め、
財政が厳しい中、県や国へのアピールといった意味も含めて、
広く計画を示していくというものでした。

どちらの内容も日進市に大いに関係する内容で、とても参考になりましたが、
どの視察でも言えますが、似たようなテーマでも自治体毎の事情・背景が違うので、
そっくり取り入れられるものでもなく、どうしたら日進にむくか研究を深めなければなりません。
今回のような委員会視察は行政担当者も随行しますので、
行政ともども、しっかりと議論を重ねて「もの」にしなければというところです。
私個人の意見は、機会があれば、また書いてみたいと思います。

視察から戻ってその足で、にぎわい交流館でひらかれた福祉関係の勉強会に参加しました。
昨日は長久手、東郷、日進という広域から15~6名の参加があり、
現役行政マンを講師に、障害者福祉の歴史、現状などを講義して頂きましたが、
こうした広域から立場の違う人が揃って同じ話しをできる場を活かし、
実のある会になっていくことを期待して、私も今後も出来る限り参加したいと思います。
2009.10.28 / Top↑
今日、まず午前は、この時期毎年恒例の「ふれあいウオーク in 岩崎台」に参加。
秋晴れの下、「気持ちよく・・・」と思って意気込んで駆けつけましたが、
スタート時間をしっかり確認せずにお伺いしてしまい、
会場に着いたときには、既に戻って来られている参加者も・・・。
本部受付で関係者への挨拶もそこそこに、走るまではいきませんでしたが、
一人、かなりの早足で額に汗しながら、コースを回りました。
岩崎台WR-1
ゆっくり歩いていらっしゃる皆さんに「おはようございま~す」と声をかけながら行きますと、
どなたも「おはようございます」と気持ちの良い返事をくださり、とても嬉しくなりました。

新型インフルエンザの影響で、今回のこのウオークラリーも開催が心配されたそうですが、
香久山小学校の休校が昨日までということで、予定通り行われ、
岩崎台WR-2
ご覧のように会場となっています、「もみじ公園」はストラックアウトやホールインワン、
スーパーボールすくい、輪投げなどのゲームの他に、
バルーンで遊ぼ(風船細工)、絵手紙体験、防犯啓発活動、フリーマーケットなど、
コースを歩き終えられた皆さんが、それぞれ思い思いに楽しんでおられ、
大成功のウオークラリーだったと思います。区長さん始め、役員の皆様お疲れ様でした。

午後は、名古屋市港区の愛知県武道館で開催された、
「中部地区少年・少女空道錬成大会」第13回中部大会にお伺いしました。
空道大会-1
プログラムによれば年中から中学3年まで選手156名が、
男女、学年毎に対戦し、全部で155試合おこなう大会でした。
空道大会-2
今回初めて最後まで観戦させていただき、各階級の決勝を見せて頂きましたが、
選手皆さん本当によく鍛えていて、最後まで全力で試合する姿に感激しました。
日進支部の支部長さんの講評で、
「空道はスポーツでなく、武道だ。勝ち負けよりも、あいさつに始まり、
あいさつに終わる気持ちを大切にして欲しい。」と話されたのがとても印象的でした。
空道大会-3
11月中旬に東京である「世界大会」に、この地区から日本代表選手が出るとのことで、
そうした事も目標にしながら、これからも是非鍛錬して頂きたいと思います。
選手の皆さん、親御さん、また大会運営関係者の皆さん、お疲れ様でした。

ちなみに明日・明後日、建設経済委員会の視察で、
京都、滋賀へでかけますので、明日のブログはお休みとさせて頂きます。
報告をお楽しみにして頂ければと思います。
2009.10.25 / Top↑
昨日の土曜日、日中は管理物件の仕事をして、
夜、地元の方と打ち合わせでしたが、少々疲れが貯まっていたようで、
そのままクライマックスシリーズの結果も見ずに休んでしまいましたが、
朝起きて新聞を見て「やはり、力が違ったか!」という感じでした。
今年の読売ジャイアンツは力強いし、機動力もあるし、投手も安定していて、
ペナントレースの通りの結果となったと言うことでしょう。
短期決戦に勝利するというのも大切ですが、
やはり普段から自分の野球をすることが一番だということです。
野球に限らず、自分自身、あるいは他のことについても、
日頃からきちんと目標を掲げ、地道にしっかりとやるべき事をやって、
少しずつでも結果を残していく、こうしたことが安心、安全、安定につながると思いますので、
贔屓のチームの敗退では今ひとつ盛り上がりませんが、
良い点はどんなところからでも学んで見習っていきたいです。
「政権交代」で民主党がマニフェスト実現にむけ始動して1ヶ月、
「やはり・・・」というところも見受けれられますが、
自民党ではなしえないところもあるでしょうから、こうした動きも是非注目して、
良い点はどんどん取り入れられるといいと思います。
2009.10.25 / Top↑
昨日は、朝からいくつかの事について市役所担当部局から話しを聞き、
午後はタイトルの学区検討委員会を傍聴しました。
最初に推計表の数字に単純なミスがありましたが、委員の理解のもと、
見直しされた人口推計にもとづく6つの案を、
委員が3つのグループに分かれて検討という進め方で会は進行しました。
検討結果としては「岩崎台地区は小学校は香久山、中学校は新設校」という案に絞られ、
次回の委員会では、移行猶予期間をどうするか、
あるいは他の地区について学区をどう編入するかを細部にわたり諮ることになるようです。
いずれにしても、これで一応、新設校の規模が決まってきましたので、
併設校の建設計画の検討も進められることになりますが、
各委員さんはPTAや学校、或いは地区の代表の方々ですので、
それぞれ関係する団体に持ち帰って皆さんに検討結果をお知らせ頂き、
より多くの方々が情報を共有できるようにして頂きたいものだと思います。


2009.10.24 / Top↑
香久山小学校は昨日(21日)から新型インフルエンザのため全校が休校になっていますが、
先週修学旅行を終えていましたので、まさに「セーフ」と言ったところでした。
日進市内の状況を確認したところ、西小学校1クラス、東小学校1クラス、梨の木小2クラス、
東中学校が全校休校、西中は先週の全校休校から1年1クラス、2年2クラスの閉鎖、
保育園は梅森保育園で2組学級閉鎖となっていて、ずいぶん猛威を振るっています。
今週土曜日に、岩崎台・香久山福祉会館で予定されていました会館まつりや、
同じく土曜日、梅森保育園で予定の子育て支援事業も中止となるなど影響が出ています。
今回のインフルエンザは特に若い方達の感染が多いようですので、
親御さんの子どもに対する注意が必要だと思いますが、
予防接種もさることながら、やはり出先から戻ったら手洗い、うがいが一番です。
出掛けても、人混みを避けるか、あるいはマスクの着用も出来ればしたいものです。
また、体力を落とさないように十分な睡眠、しっかり栄養を摂ることも大切だと言われますので、
バランスの良い食事にも気をつけて頂きたいと思います。
以上、ほとんどネット情報の受け売りですが、皆さんどうぞ守ってください。
2009.10.22 / Top↑
昨日は、年に一度の「香久山ふれあいゴルフコンペ」でした。
自治会役員さん中心に親睦をはかるために、今年で5回目を迎えるこの会ですが、
参加者の心がけも良く最高の天気となり、3回目の参加となる私も、
スコアはさておき、皆さんと和気あいあいと楽しませていただきました。
失礼ながら、お年の割に素晴らしいショットを放つ皆さんを見ると、
この元気で香久山区をさらに盛り上げていただけると、とても嬉しく思えますし、
私も負けずに、しっかり活動しなければという気持ちになります。
それにしても、もう少しゴルフも練習しないといけません・・・。反省!

最後に、クライマックスシリーズ、やりましたねドラゴンズ!!
相手好投手を打ち崩して、しかもこちらはエース(失礼!)でない1勝は大きいです。
パリーグも凄い試合になっていました。個人的には楽天を応援しているので「う~ん」ですが・・。
というわけで、昨夜はついテレビでの野球観戦をしてしまい、一日遅れのホッとブレイクでした。

2009.10.22 / Top↑