私は田舎ものですから、子どもの頃、ふと夜外に出て、
星一杯の空を見上げて「ああ、○○座が見えた」などと思った記憶がありますが、
残念ながら、今の住まいからはそうした星達はあまりみられません。
空気が澄んでいるとかという問題もあるでしょうが、
基本的に街路灯、防犯灯、そして家々の明かりで星が見にくいのでしょう。
夜出かける用事がなければ、また不審者がいなければ、真っ暗でも構いませんが、
現代社会では、やはり安心・安全のためにある程度の明かりは必要です。
というわけで、市長マニフェストもあり本市の防犯灯設置はかなり進んでいると思われます。
もちろん、全く必要のないところにつける必要ありませんし、
また、CO2排出という観点からも設置も押さえなければなりませんが、
当然の事ながら財政的に考えても、大変な数ですので相当の電気代はかかりますし、
電灯が切れれば交換しなければならないということで、
設置すればいいというものでもありません。
(交換も業者にお願いせねばならず、結構費用がかかるそうです。)
もっと難しい話しで、当事者の意見も「我が家の前にはつけるな」であったり、
「どうしてうちの前だけ暗い?」というご意見まで、いろいろで本当に難しいところがあります。

先日、ある方から「公園の電灯が夜になると消えて周りが真っ暗で怖い」とお話し頂きました。
お話しによると、若い人たちが夜集まってうるさいということで、
10時過ぎに公園の電灯を全て自動的に消しているということでしたが、
早速、9時半過ぎにウオーキングがてら歩いてみると、公園の周りの電柱には防犯灯がなく、
消灯前でも、木々に遮られて公園の明かりのないところは暗い状態でした。
消灯後はもちろんのこと、真っ暗で、行き慣れないこともあって、やはりかなり怖い感じでした。
ちょうど犬の散歩をしてみえた方にも感想をお聞きしたら、
「そりゃ、明るい方が安心だわね」とのことで、「どうして消すのかわからない」ということでした。
市役所の担当部局が「水と緑の課」(公園)と「防災安全課」(防犯灯)にまたがるので、
それぞれの部局へ行きましたが、やはり両面のご意見がくるようで大変難しい問題です。
再び公園を夜通し明るくすることできませんし、防犯灯をつけて苦情が来ては意味がありません。
手っ取り早いのは、公園の入り口の電灯だけ残してということかと思いますが、
現状では技術的にできないらしく、となると若者もこの寒空のもとでは集まらないだろうから、
塾帰りの子どもたちや残業を終えられた方々の帰り時間くらいまで、
消灯時間をもう少し遅くしたらいかがという話しになるのかというところです。

治安が良く、若者のマナーが良ければ問題も少ないのでしょうが、
こうして考えると大きな意味で教育の話しかとも思ってしまいます。
もちろん学校教育という意味ではなく、よく言われる家庭や地域、
社会全体で人を育てる、譲り合いの気持ちを教え育てるということが大事だと痛感します。
先日の都市問題会議でも「地域」という言葉がポイントでしたが、本市の場合も、
小学校区、あるいは行政区単位くらいでの地域力のアップを考えなければならないと思います。
と言いながら、今朝のあいさつ運動をさぼってしまい、いけません。反省、反省!
2008.10.30 / Top↑
先日、PTAの同窓会があったと前のブログで書きましたが、
そのお店で息子の同級生がアルバイトをしていて、「広報で見ましたよ」と言われました。
私は「・・?」だったんのですが、写真が載っていたということで、
よく考えたら「広報にっしん」に「議会だより」がはさんで配布されるので、
同じものだと勘違いされたのだと思います。
読者がどのくらいおられて、議会のことをどの程度理解されているか分かりませんが、
大学生くらいの方々が読んでくださるのは嬉しいではありませんか。
ところで、本市の「議会だより」は議員が作成しているもので、
他の地方自治体から視察が相次ぐほどであるということなのですが、
議会として発行するものだけに内容については公正性が求められます。
読者の興味を引くように書くのと事を正確に伝えることとはとても難しいことですが、
何故その議案について?また討論の抜粋(後書き?)で正しく市民に伝わる?
広報特別委員会の皆さんには、編集など大変かと思いますが、
今回の「議会だより」を手にして、私個人的にはちょっと「???」でした。
現在インターネット中継の準備が進んでいて、近々皆さんのPCで中継が見られます。
もちろん傍聴が一番ですが、ネット中継でもいいので生で議会を見て頂きたいと思います。
ちなみに議会だよりの印刷製本費に年間で170万円かかっています。
ネット中継が始まったらどうするかは、今後検討することになると思います。

ところで、夕方図書館へ行きました。平日ということもあり、少し落ち着いてきた感じですが、
下の写真のように、オープニングイベントが続いていますので是非ご覧ください。
日進100年
エントランスホールでのゆるやかネットワークによる「日進100年の歴史をたどる」展示。
原画展-2
会議室にて「長野ヒデ子絵本原画展」、何だかホッとする、とても暖かみのある絵です。
2008.10.30 / Top↑
昨日は、午後、宅建協会東名支部のパソコン教室。
普段は20名近く来て頂けるのに、今回案内が遅かったこともあり、
何と3名、講師がこれまた珍しく3名揃ったので、マンツーマンの教室となりました。
午前中の半日、準備に時間をかけたので、ちょっとさみしかったですが、
インターネット接続ができなかったことが、案内遅れに繋がったわけで、
何でも準備を早めにやらないと事業の効果がでないということで、反省です。
2008.10.29 / Top↑
恐ろしい円高、そして株安。
円高は日本への期待が強いという意味もありますが、
輸出産業への影響はひどいことになります。
私も前職で輸出向けのお客様との取引を経験しましたが、
円高で商売が極端に落ち込んでしまい、相手先の売上げが落ち、
利益などすっ飛んでしまったのを目の当たりにしているので、
今回の円高を見るとホントにとんでも無いことになりそうだと心配です。
それを見越しての株安かと思いますが、株安が景気をさらに悪化させることが予想され、、
本当に政局(解散総選挙)どころではありません。
今は与党、野党関係なく、真剣にこの国のことを考えて協力しなくてはならないと思います。
いずれにしても、とにかく国も県も地方自治体も今後の税収の減少は必至で、
来年度予算は今年度とは大きく変る可能性があると考えられます。
本市も右だ左だ真ん中だと言っている場合ではないかもしれません。
私たちも、この推移を見守りながら、予算について適切な要望、
あるいは今後の審議をするよう心がけないといけません。
まさに、緊急を要する事以外は、事業の優先順位をしっかりと決める必要があります。
2008.10.28 / Top↑
26日(日)管理物件の退去立会他、ずいぶん貯まってしまった仕事を片づけ、
一日が過ぎてしまいました。
ところで、出かけた豊田にある某家電量販店がとても混雑しているなあと思ったら、
ドラゴンズの残念セールだったようでした。
不景気になっているとはいえ、少し割安感があると買い手が集まるのですねえ。
ホッとブレイクでした。
2008.10.26 / Top↑
視察明けの土曜日、香久山ユニー駐車場から出発し、
香久山地区内を清掃して歩く活動がありました。
08香久山清掃
「ラブ日進」、以前新聞でも紹介されていましたが、
市の若手職員が中心となり、地域の方、あるいは学生さんと活動しているものです。
私も清掃のお手伝いするつもりでしたが、次に書きます用事があったので、
顔を出すだけで失礼しました。
その用事というのがベタニヤ教会のメンズブレックファーストへの出席でした。
新しい教会の建物ができて2度目という朝食会ですが、
マーク先生(牧師)が腕を振るわれ、フレンチトーストやおいしい手製料理を出してくださり、
20名くらいの参加者の一言、またマーク先生のお話を聞きながら、
スウェーデン・アメリカン式朝食を堪能しました。
午後、東京のWHCYが出展している栄三越へ。情報交換。
WHCY三越催事
(写真はWHCY広報担当、私の長年の友人の娘さん、とても明るくて頑張ってました。)
夜は、平成15年度香久山小PTA同窓会。出席率100%で、ずいぶん話し込みました。
2008.10.25 / Top↑
2日目の午前は、「新しい都市の振興戦略―地域資源の活用とグローバル化―」について、
パネルディスカッションでした。
気になった内容を列記すると、人口の増減が重要。進学・就職した若者は戻ってくるか。
コミュニティービジネス(頑張る地域)。余っている資源の活用、第3者に説明できる企画を。
顔の見える地域コミュニティーづくり。PRは地元出身者でプロに任せると良い。
複数の組織による情報発信、などなどでした。
改めて勉強したい内容もあり、気になるパネリストの書籍を買い求めたいと思いますし、
私にとっては、とても参考になったパネルディスカッションだったと思います。
午後は、新津の石油の里講演、県立植物園を視察ということでしたが、
2日間、いろいろなことを勉強したものの、肝心なのは、いかに日進市に当てはめるかであり、
できることから、すなわち地域単位の活性化(コミュニティ・ビジネス)などはどんどん進め、
逆に大きな事業については、道州制なども念頭に広域に効率よくできないかを検討するなど、
とにかく、所詮独自のスタイルを作るしかないわけですから、
徹底的に日進の原点を考えることだと思います。また、やることが増えました。
運悪く帰りの飛行機が遅れたおかげで、他市の議員さんとお話しする機会もあったり、
それなりの成果があった視察(会議)だったと思います。
08都市問題会議-3
(参加した会派のメンバー、左から私、丹羽議員、福岡議員)

2008.10.24 / Top↑
朝8時にホテルを出て、新潟駅前発のシャトルバスで会場の朱鷺メッセへ。
08都市問題会議-1
第70回全国都市問題会議のテーマは、
「新しい年の振興戦略」~地域資源の活用とグローバル化~
開会式後の最初の基調講演は、
(財)日本経済研究所理事長 大川澄人氏「地域・都市の信頼度-50年後、100年後」
この日、御所での園遊会を断っての講演ということでしたが、 
地域経済性化―成功のポイントは、キーパーソンの存在、人材育成、明確な地域ビジョン、
地域資源の気づきと活用、内外関係者などネットワーク形成、環境保全、安全・安心への配慮
であるということで、かつ成功のためには、プロジェクトをやり抜く意志としつこさを、
行政・市民が持つこと、あるいは都市の規模から政策の重点課題を見極めることが必要、
という話しには、全く同感でした。
次の主報告は、新潟市長 篠田昭氏「環日本海の交流拠点都市をめざして」
08都市問題会議-2
(写真は、最近話題となっている?逆さ地図)
15市町の大合併をまとめ政令指定都市となった新潟市の5つの都市像を掲げ、
環日本海交流の先駆都市を目指した取り組みを、読み上げでなく自信の言葉で語っておられ、
とてもよく分かりました。理念提示と市政改革が重要おっしゃったことが印象に残りました。
12時半から、大勢の参加者(1600人)が一同にご当地弁当で昼食。
午後1時10分からの一般報告では、3名の講師が講演され、
最初は、法政大学大学院教授 黒川和美氏
「地域の発展なくして、日本の発展なしー新しい都市振興戦略」
広域連携、都市間競争をヨーロッパの事例を示し、欧州サッカーの話題も交えて、
とても愉快に話しを聞けました。私個人的には鉄道の整備にはとても興味があり、
日進市周辺の広域で考えられないものか研究してみたいと思いました。
2番目に、高知市長 田崎誠也氏「高知市の振興戦略について」で、
高知市の活性化の方向性を具体的に紹介しておられました。
初日最後は、慶応義塾大学総合政策学部教授 上山信一氏「これからの地域再生を考える」
地域経営をブロック、エリア単位で考えるべきで、成功の秘訣は担い手次第、
また、それなりの大儀名分も必要といった話しは納得できる内容でした。
と、5時までみっちりの研修初日が終了。パイプ椅子に座り続けて、さすがに参りました。
夜は、合流した萩野市長、福岡幹雄議員、市職員の市川補佐と食事。
ざっくばらんにいろいろなことを話しました。
2008.10.23 / Top↑
昨年に引き続き、香久山ふれあいゴルフコンペに参加させていただきました。
天気は薄曇りでしたが、ゴルフには風もなくコンディションの良い日でした。
まったくラウンドも練習もやっておらず、
区長さん始め一緒にまわった皆さんには、少々ご迷惑をお掛けしましたが、
私の成績はさておき、懇親会で他の方々とも話せて、とても楽しい大会でした。
全国都市問題会議で新潟へ行く都合上、少し早めに失礼させて頂きましたが、
来年はちょっと練習をしてから上位を目指してみようと思います。
帰宅後すぐに、丹羽議員とともに小牧空港から新潟へ。
夜は二人で議会のこと日進のことを語り合いました。
2008.10.22 / Top↑
今日は、宅建協会の支部事務所で過ごしました。
今年から私は、I支部のT特別委員長を拝命していますが、その一番の事業が、
業界でのIT普及を目的とする「PC教室」です。
現代社会においては、PCが使えないと仕事にならない業務も増えていますが、
宅建協会では、まだまだ使えないという方もたくさんおられ、
基本から多少高度なところまで、私を含めた講師3名で、毎月講義をしています。
今月、来月は私の当番なので、支部事務所でインターネットを使った内容を、
と考えていましたが、年度初めに導入した光接続をまだ使ったことがなかったので、
今日設定確認をしたところ、何と繋がりません。
来週のことなのに、全く困ったものですが、やむを得ないので、
会員さんが喜ぶファクトシート作成の中・上級編に切り替えていくことになりそうです。
それはいいですが、回線使用料、プロバイダー費用は、
これまで、ずっと払っているわけで、全くなっていません。
普段行政の無駄を指摘しているのに、自分の所属する団体の無駄を自分でしているとは、
委員長として全く恥ずかしく思い、また責任を感じます。
他人のことより、自分のことですね。反省、反省!!

ところで、明日から全国都市問題会議で新潟へいきますので、
ブログは金曜日までお休みとなります。
しっかり勉強して、いい報告ができるようにしたいと思います。こうご期待!

2008.10.21 / Top↑