今日、ここまで午前中は何かと貯まっていた雑務をしました。
ついでにいろいろな書類を処分しましたが、最近はシュレッダーにかけたりして、
破棄するのでしょうが、私は未だに手で破ります。
機械で破くのも同じなのでしょうが、本当に不要な書類かどうか確認をしていると、
なかなか作業ははかどりません。でも、いろいろなことを思い出せて、
特に12月議会での質問を考えるのには、いい機会だったと思います。

ところで、このブログも、ずいぶん書きためましたが、
「写真は?」「ひょっとして、操作知らない?!」などと冷やかされたりします。
これでも、宅建支部のパソコン教室の講師を務めさせて頂いていますので、、
(今月も20日が当番ですが、実はたいしたことないです)
写真をアップロードするくらいはできますが、
ただ、写真に頼ると、実際問題記事としては、そのほうが楽ですから、
自分の性格からして、書くのを手抜きしてしまうだろうなと思うのと、
もうひとつ、実は携帯のカメラで撮るとサイズもちょうど良く都合がいいのですが、
そのシャッター音が”チンチロリ~ン”と鳴るので視察だとか講演会などでは、
回りに迷惑になるので遠慮していると言うこともあります。
でも、「百聞は一見にしかず」で、一枚の写真でよく分かっていただけることも多いはずなので、
いつも持ち歩ける小さめのデジカメが手に入り次第、掲載も始めようと思います。
お楽しみにしてください。

それにしても、今朝はあいさつ運動に行けず、子どもたちに会えなくて、残念。
ちょっとスケジュール管理が悪かったです。反省、反省。


2007.11.09 / Top↑
今週はとても忙しく、昨夜もタイトルのように自民党日進支部の役員会がありました。
10月の総会を受けて、とりあえずこの半年政務調査会長を仰せつかったわけですが、
昨日の会のために議題にはありませんでしたが、役員の皆さんの意見を頂戴するためにも、
たたき台として2007政策提言の素案を作りました。

政党は何のために成立するかといえば、やはり考え方です。
すなわち政策で一致する人たちが集まるから政党なのであって、
もちろん是々非々はあるものの大筋で納得がいくことから始まらないといけません。
政党活動もボランティアです。
素案を作っていて思うのは、この案に何が何でも従わなければならないことはない、
つまり拘束がかかるというのは、国政の場合くらいであって、
地方レベルでは地域に密着した事柄をある程度まとめ上げて方向性を出す、
と言うのがいいのではと思いました。

人間関係が希薄になっている昨今、本気で議論というのは、
どのレベルもなかなかできていないのではないかと思います。
少なくとも私の関係するところでは、議会はもちろん、
小さな会合でも意見のある方々の思いをどんどん出し合える、
そんな日進市でありたいです。
2007.11.09 / Top↑