本日、日進市内の各小中学校が一般に開放されました。

新政クラブとして、2つに分かれて学校を回ることにしましたが、
私は、丹羽氏とひろき氏の3人で、
香久山小、西小、日進西中、日進中の4校をみせて頂きました。

いろいろ気づいたこと、課題として感じたこともありますが、
ブログでなく、また改めて問題提起できればと思います。

そんな中、今回一番の驚きはプレハブ校舎でした。

西小のプレハブ校舎の外観は工事現場のそれのように見えるのですが、
なんのなんの、中はなかなかのものでした。
壁や屋根がやや薄いためか、やはり温度が問題になるようで、
各教室、冷暖房が完備されていました。教頭先生によれば、
驚くなかれ、児童はプレハブ校舎へ入りたがるとのこと。
東校舎(西小ではそう呼んでいるとか)に入ることはステイタスだということでした。
ただ、冬場、暖房のため窓を閉め切るので、
風邪などが流行りだすと一気にひろまり、大変だということもあるようです。

いずれにしても、新しい立派な校舎でなくとも・・・と思い知った感じです。
ちゃんとした建物での教育が一番とは思いますが、
学校施設について、今後の選択肢が私の中では完全に増えました。

今回の学校開放で、普段伺ったことのない西小や日進中を訪問しましたが、
香久山小や日進西中に負けず、児童、生徒がとても良いあいさつをしてくれたのが、
とてもうれしかったです。日進市の将来は明るいぞ~!と感じました。

また、こうした学校開放もPTAの皆様のお力添えも、忘れることができないことだと思います。
受付などされた皆さん、お疲れ様でした。




2007.06.28 / Top↑
先日の議会報告の数字の内容について、
問い合わせ頂戴しました。投稿ありがとうございます。
大変遅くなりましたが、ようやく気づきましたので、
回答させていただきます。
(コメントの開き方がわからず、申し訳ありませんでした。
また頂いたコメントの公開の仕方が分からないので、まず回答を・・)

ご指摘部分です。

「子育て支援センター
 債務負担行為 4年で1億1600万円
 年額 2320万円
 内訳 人件費 1635万円
    事業費   35万円
  維持管理費 4894万円

との記述をしましたが、
維持管理費については、ご指摘のように一桁違っておりました。
489万4千円でした。
(当該のブログ記事は訂正させて頂きますので、ご了承ください)

ちなみに、そうであっても合計が2340万円にならないではないか?
と言うことかと思いますが、
この内訳は、当局より示された施設管理経費積算書によるもので、
債務負担行為の金額の内訳をしましたものでないことを、
併せて書き添えたいと思います。

いずれにしても、
誤記、および分かりづらい書き方をして申し訳ありませんでした。
以後、気をつけたいと思います。
2007.06.27 / Top↑
6月26日(火)議会報告会を開いて頂きました。

お越しになられた皆さん、お忙しい中どうもありがとうございました。
また、とりまとめをくださったI様、本当にお世話になりました。
さて、中身ですが、昨日新聞折り込みに会派の報告(新政通信)を入れさせて頂いたので、
その詳細を報告を聞いて頂く内容となりました。
議会のように言葉を選ぶこともなかったので、
ズバズバ話しすぎた反省はありますが、
思いが言葉になってしまったということで、ご容赦を願いたいと思います。
また30分という短い時間での話だったので、
裏返しの発想(逆も真なり)についてお伝えできなかったこともっと反省です。

どんな意見にも正しい部分はあると思います。
誤解がないように、また方法論や順序の問題で解決できることも多々あるということを、
もっと掘り下げてお話ししなければならない、
皆さんに納得頂けるための活動を今後しっかりしなければと思います。

いずれにしても、今回の段取りといい、
色々な面で猛省が必要な報告会だったと思います。

何を書いているのか分からない方々には、
大変申し訳なく思いますが、私自身の問題だとご理解ください。

これから、また地元を歩いて、
一つずつ積み上げていきたいと思いますので、
道や公園、玄関先でお会いできたら、
世間話でもして頂きたいと思います。

ところで、昨日の会派報告を見てと言う方から電話で、
いろいろご要望をいただきました。
もっとお話をと直接お会いしてかなりの時間お話できました。
内容的には、整理すると特にくるりんバスについてでしたが、
今日、香久山女性の会の方からも同じように、
くるりんバスのついて注文をいただきました。
市民の足といっても、マイカーのようにはいかないかもしれませんが、
平等にその利益を享受出来るかどうか調べて、
回答したいと思います。

押しボタン、また右折信号の要望もいただきました。
市役所の建設課でなく、愛知警察へ行きましたが、
そこで言われることも、しごくもっともで、
お役所というところは、どうしてこう答弁がうまいのか、
結局、落としどころがポイントとなりますので、
実をとれるように頑張っていきたいと思います。


2007.06.27 / Top↑
定例議会が閉会しました。
昨夜、気持ちが熱いうちに第一報をと思っていたのですが、
情けないことに、管理者ページへのPWをど忘れしてしまい、
書けずにおりました。楽しみに?していてくださった方には、
大変失礼しました。

さて、一般質問については、議会だよりがありますので、
そちらをご覧いただくとして、
肝心の議案について、いくつか報告させて頂きたいと思います。

今朝の新聞にも載りましたので、ご承知の方も多い、
にぎわい交流館指定管理者指定についてです。

と、その前にお断りしておきますが、
私は、佐護市長が好きか嫌いかと聞かれたら、
大変タフな質問ですが、強いていうなら好きというでしょう。
少なくとも以前はそういう気持ちの方が強かった気がします。

佐護市長を初めてお見かけしたのは、
約8年前、北部浄化センターの説明会でした。
中身は忘れましたが、汗を拭き拭き地元の方々に、
答えをしていた佐護市長の姿は立派でした。
きっと、説明する職員の方々の苦労と、地元の方々の要望を、
両方しっかり受け止めていたからそう見えたのではと思います。
(ついでで申し訳ないです。
当時担当の中川さん、武田さんお疲れ様でした。大変失礼しました)

あれから市長として2期8年、時は流れました。
あのときの熱い姿はどこへやら・・・。
今回の交流館について、佐護市長はご自身で、
どれほど情報を聞き入れ、検討・熟慮されたのでしょうか?
あのときと同じように汗をかきかき、ご自分でお考えなら、
こんな安直な、性急な議案にはならなかったのではないですか?

私も地元のボランティア活動を少しかじったので、
活動してくださる方々のご苦労がよくわかりますし、
その功績に何らかの形で答えたいと思う気持ちも痛いほど分かります。
今回の委員会の中で、コストについての質問が出たとき、
ある議員は「NPOといえどもカスミを食って生きているわけではない」
と発言していました。
当然です。何でも本当のボランティアだったら、
いわゆるただ働きであれば、したくありませんし、長続きしません。
誰もがもらえるものなら、ある程度の報酬は欲しいでしょう。
でも、多くの皆さんは、それ以上に自己実現、地域のため、
あるいは人のためという気持ちが強いから、活動しているのではないですか?

私の尊敬するあるNPOの代表は、本当にその身を削って頑張ってます。
それをみる周りの人たちも見習って心の底から奉仕されています。
この行為に対して行政がささやかながら援助をしていく、
これが本来望まれたNPOではないでしょうか?

今回の交流館について、「ゆるやかネットワーク」さんには、
何ら非はないと私は思っています。
一生懸命活動している中で評価され、
指定管理者に指定されるのは当たり前のことで、
また、運営委員会などの議事録を読ませて頂くと、
自身の団体を戒める発言が多く出てくるのは意識の高さの表れです。

しかし、そんな素晴らしい活動に対して、
何故あのような高額な金額で委託しようとしたか、
また、何故市民の理解が得られるように競争入札という手法を取り入れなかったか?
癒着、談合と言われても仕方がない状況をつくったのは、
他ならぬ行政ではないかと思うところです。

ここから、議会で討論した内容について、
具体的に書かせていただきます。

今回、指定管理者に対して、当局が予定した金額は、
債務負担行為という、いわゆる枠ということですが、
4年間で 1億7200万円
年額で 4300万円です。
その内訳は、人件費2470万円
      事業費 660万円
    維持管理費 798万円(端数をきっています)
人員内訳 管理責任者 1名
       職員  3名
     パート職員 5名(ローテーション)

これまで指定管理にしてされている他の施設の数字をみますと、
生涯学習プラザについては、同じく債務負担行為、
3年間で 3600万円
年間で  1200万円
内訳 上記が事業費を含まず、
   人件費・維持管理費あわせての金額
人員内訳 正職員 1名
    契約社員 1名
    臨時社員 2名(4名でローテーション)

もうひとつ、子育て支援センター
債務負担行為 4年で1億1600万円
年額 2320万円
内訳 人件費 1635万円
   事業費   35万円
 維持管理費  489万円
    合計 2159万円
(施設管理経費積算のよるので上記年額と合致しません)
人員内訳 運営責任者 1名
     保育士   2名以上
    FCスタッフ 2名以上

単純に比較というわけにはいかないものの、
人件費だけみても
 ①にぎわい交流館   2470万円 
 ②子育て支援センター 1635万円
 ③生涯学習プラザ   1200万円(管理維持費込み)
異常に高いのが分かります。
当局の説明では、にぎわい交流館は休みなし、
365日 常時3名 一日9時間働く計算とのことで、
人件費を割り返していくと、時給は2500円になります。
飛びつきたくなる方も多いでしょう。

また、当局は債務負担行為はいわゆる枠だから、
限度額いっぱいで契約する訳ではないというのですが、
子育て支援センターの契約金額は、2150万円 限度額比 92.7%
生涯学習プラザは、1075万円で限度額比89.6%
限度額の9割近い金額で契約をされているわけで、
50~60%での契約になることはないことがわかります。
したがって現時点でしっかり精査しないといけないと、
コスト削減ができないわけです。

議員さんで「市民活動を支援する活動にコスト理論を持ち込むのはいかがなものか」
あるいは、「質の高いサービスをしようと思えばそれくらい当然だ」
ということを仰る方々もいます。
私は単に何でもコストを抑えろとは申しません。
ある程度のサービスが基準であることは当然です。
でも、私たちの納める税金で、市民活動支援サービスをしてもらうくらいなら、
税金を安くして頂く方がありがたい。
自分たちの活動は自分たちの出来る範囲で、普通の人はそう思うのではないでしょうか?
あるいは、現状の日進市をみれば、子育て支援や介護保険料軽減のために充てた方が良い、
と考える人のほうが多いのではないでしょうか?私は少なくともそう思う一人です。

結果、この補正予算については、可決されました。
今後指定管理者が決定すれば、1億7200万円(年額4300万円)の枠内で、
協定書で契約されることになります。
既にこの数字の算出根拠となる委託料を議会は認めたわけですが、
財政の将来を考えると、コストはしっかり精査し見直す勇気も必要だと思います。

私たち議員はある程度の提案はできても、
あくまでも行政のチェックが仕事です。
また、職員の皆さんが市政を良くしようとどんなに頑張っても、
結局は市長次第です。

エゴ、偏りのないバランスのいい市長を、
市民一人一人が真剣に考えて、選んでくださり、
次回の議会では、まともな土俵で議論が出来ることを願って、
とりあえず、一回目の議会報告とします。

長文をお読みくださった方には感謝致します。
ありがとうございました。
 
2007.06.22 / Top↑
昨日は、香久山小PTA・香久山かすい合同「パパさんソフトボール大会」でした。
午前中、3チームリーグ戦、3試合が行われ、
主審のお手伝いをさせて頂きましたが、
とにかく暑いこと暑いこと、1試合1時間制限でやったにもかかわらず、
例年になく大変な大会だったような気がします。
でも、怪我もなく、ナイスバッティング、好プレーも随所にみられ、
夜の懇親会も大いに盛り上がり、
この地区のお父さんたちが益々活躍してくださると期待が膨らみます。

明けて、今日(6/17)は自民党推薦の萩野幸三さんの事務所開き。
暑い中、大勢の支援者の皆さんが集まられました。
私は萩野さんについて、正直あまりよく存知あげませんでした。
が、ここ数日の間に何度かお会いし話をする中で、
その人柄、豊富な行政知識、そして何よりも物事をしっかり見極め、
確固たる信念のもとに決断していく姿勢をつよく感じました。

国政も熱気を帯びてきましたが、
日進市もいよいよ熱く燃えてきた感じです。

7月22日の投票日には、
市民の皆さん一人一人が正確な情報に基づき、
正しい判断ができるように、
私もしっかり活動していきたいと思います。


2007.06.17 / Top↑
平成19年6月15日(金)

今日は、このところ通い詰めた市役所へ行かずに、
地元の皆さんとお話をする一日となりました。
区長さん、自主防災会長さん。
岩崎台・香久山福祉会館で、水晶山市民の会の皆さん。
また、そこで香久山小学校PTAコーラスサークルの方々と。
それぞれ、ご無沙汰ですから始まり、
いろいろなお話をさせて頂きました。
お陰で、昨日まで固まっていた頭が柔らかくなり、
また、新たなやる気が出てきた気がします。

夕方は、散歩がてら自民党のポスターを立てる場所の下見し、
いい運動になりました。

明日は、香久山小PTA・香久山かすい合同「パパさんソフトボール大会」
今年で4年目ですが、きっと元気いっぱいのお父さん方が大勢来てくださると思います。
夜は懇親会もあるので、しばし難しいことは忘れて、
大いに語り合いたいと思います。

リフレッシュ出来たら、考えがまとまる?ことでしょう。

たわいもないこと書いてますが、しばらく我慢ください。
ホッとブレイクでした。


2007.06.15 / Top↑
H19年6月6日(水) 

今日は、一昨日からの一般質問が終わり、
その後、議案質疑があり、
私も一議案について質疑を行いました。

閉会日(6/20)に予定される採決で、
少々大げさですが、
日進市の将来を左右するかもしれないと考えると、
大変なプレッシャーで、質疑も真剣そのものです。

また白髪が増えそう!(白髪ならまだいいですが・・)

報告でなく、少し茶化してホッとブレイクで書かせて頂きますが、
閉会まで具体的なことは書けませんので、
よろしくお願い致します。

2007.06.06 / Top↑
6月5日(火)初めての一般質問。
まず、伊藤後援会長、傍聴ありがとうございました。

初の質問について、どんなだったかとブログを
開いてくださった方には申し訳ないですが、
明日も議案質疑がありますので、
今日は報告でなくて、ホッとブレイクでお届けします。

たいした緊張もなく、質問時間いっぱい話しました。
ただ質問の中で、昨日質問された議員の名前をど忘れしてしまい、
少しみっともなかったかと思います。

一歩ずつ進んでいきますので、
宜しくお願い致します。


2007.06.05 / Top↑
6月4日(月)午前9:30~ 
定例議会の一般質問初日が行われました。

明日の6番目に予定している私としては、
これまでの議事録に目を通しているとはいえ、
本番がどんなものか興味をもって出席しました。

ズバリ感想は、拍子抜け。
通告制とはいえ、あまりにも淡々とすすみ、
市の執行部と議会の緊張感がまったくなく、
これでいいの?と言うのが正直なところです。
もちろん、特にベテラン議員の皆さんについては、
市長がこれで退任ということで、
気合いが入らないと言うのもあるとは思うのですが・・。

状況に応じて質問するつもりで、
まだ私自身の質問書を作成しておらず、
今から書き始めるつもりなのですが、
テンションがあがってきませんねえ。

「議会報告」というカテゴリのわりに、
軽くなってしまうのは、私のせいではありません。

ちなみに明日は今日のペースでいけば、
早くて午後2時半~3時過ぎ?でしょうか。
私の質問に興味のある方はどうぞ傍聴に来てください。


2007.06.04 / Top↑